タラと白菜の簡単蒸し料理 蒸し器が代用できる!

お鍋の季節とともに、スーパーでは冬に旬を迎えるいろいろなお魚が並び始めます。なかでもポピュラーなのが「タラ」。味にクセがない白身のタラは、魚が苦手な人でもおいしく食べることができます。

どんな料理とも相性が良いタラを、今回は冬野菜の白菜と一緒に蒸し料理にアレンジ。バルサミコ酢とひじきのオイルソースをたっぷりかけていただきましょう!

蒸しタラと白菜のひじき入りバルサミコソースがけ

材料(3人分)

Ø 真タラ(切り身) 3切れ

Ø タイム 2

Ø ニンニク 1

Ø オリーブオイル 大さじ3 

Ø 白菜 34

Ø ローズマリー

(ソース)

Ø 生ひじき 100g

Ø タマネギ 1/2

Ø バルサミコ酢 25cc

Ø しょうゆ 50cc

Ø オリーブオイル 50cc

Ø はちみつ 大さじ1

(付け合わせ)

ベビーリーフ 適宜

作り方

1. バットに刻んだローズマリー、ニンニク、オリーブオイル、タラを入れ、冷蔵庫に2時間ほど置き、マリネにする。
tara_001.JPG

2. ソースを作る。鍋にみじん切りにしたタマネギとソースの材料をすべて入れ、ひと煮立ちさせる。
tara_002.JPG

3. 白菜を茎と葉に分けて切る。

4. 蒸し器に水を入れて沸騰させ、蒸気があがったところに白菜を敷く。
tara_003.JPG

5. その上にマリネしたタラを置き、ふたをして10分ほど蒸す。
tara_004.JPG

6. 蒸しあがったらタラと白菜を取り出す。白菜を食べやすい大きさに切り、その上にタラを置く。

7. ソースを温め直して6.にかけ、ベビーリーフを添えてでき上がり。

今回の料理のポイント

臭みが少なく、淡白な味わいのタラは、しっかりとした味付けをすることでおいしさが生きてきます。また、少ないとはいえ、人によってはタラの独特のニオイが苦手という人も。

そこで今回は、ハーブ入りのマリネ液につけることで臭みを取り除くとともに、香りよく蒸し上げる効果をねらいました。

さまざまな料理に使うことができるタイムは、ハーブ界の万能選手。肉や魚のロースト料理や煮込み料理など、長時間をかけて火を通す料理にも適しています。

タイムを使う一番の目的は、肉や魚の臭みを消すこと。ですがそれだけでなく、タイムの香りが素材に移ることで風味や深みを与えてくれますよ。

蒸し器がなくても大丈夫!鍋とお皿で代用

蒸気で素材を蒸すだけの蒸し料理はとても簡単ですが、蒸し器がないご家庭も多いのでは? 時短料理に最適なシリコン製のスチーマーでも作ることができるので、お持ちの方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

蒸し器やシリコン製のスチーマーがない場合は、お手持ちのお鍋でも代用できますよ。

鍋とお皿で作る蒸し器

tara_005.JPG

用意するもの

Ø 深めの鍋

Ø 鍋のサイズよりひと周り小さい深めの皿

Ø 平らなお皿

蒸し方

1. 鍋に深めのお皿を入れ、かぶらない程度に水を張る。

2. その上に平らなお皿を載せて火にかけ、水が沸騰したら食材をお皿の上に置く。

3. ふたをして食材に火が通るまで蒸す。

お皿がカタカタと動く場合は、ザルを代用してみましょう。

なにかと便利な蒸し器ではありますが、保管となると意外と場所をとるもの。最近ではスチーマー付きのオーブンもあるので、上手に利用してみてはいかが?

冬の味覚「タラ」をいろいろな料理にアレンジしてみよう!

冬に旬を迎える「タラ」。1尾まるごとをご覧になったことはありますか? タラは「鱈」のほか「大口魚」とも書くように、口がとても大きく、魚のなかでもとても大食漢なことで知られています。その特徴から、「たらふく食う」の語源にもなっているとか。

タラは味が淡白なため、調理によっていろいろなアレンジを楽しむことができます。コクのあるクリームソースを使ってグラタンやシチューに。アサリや有頭海老などと一緒に煮込むブイヤベースもおすすめです。フライ、ホイル焼き、煮付け、ムニエルなど、食卓でおなじみの料理にも適しています。ぜひいろいろな料理にアレンジをして、冬の味覚「タラ」をたっぷり味わってくださいね。

文&写真:ねこ りょうこ
画.jpg

スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。今日もおいしい食材を求め、日本全国を取材活動中。

関連記事