タコと豆腐と香味野菜のガーリック炒め

                     

IMG_7052.JPG 

「タコを使った料理がしたい」「パパッと作れるものがいい」そんな時におススメなのが、今回の料理です。用意するのは、タコ、木綿豆腐、香味野菜。シンプルに作れるけど、とっても美味しい料理です。材料を炒めていくだけなのに、タコのうま味がたっぷり。お肉を使わない分、カロリーオフになるのも嬉しいですね。男性向けにはガーリックをふんだんに使って、ブラックペッパーも多めにするといいでしょう。女性向けには豆腐と香味野菜をたくさん増やせば、ヘルシーな一品が出来上がります。料理が初心者の方でも安心してチャレンジできますよ。

 

 

 

所要時間約15分※下準備を除く (2人分) (作りやすい分量)

【材料】

木綿豆腐(水切り) 一丁

タコ(ボイル) 100g

 

青ネギ(3~4センチの長さに切る) 1/2束

ニラ(3~4センチの長さに切る) 1/2束

白ネギ(3~4センチの長さ 縦に8等分) 1/3本

 

塩 小さじ1/4~

 

〔A〕

太白胡麻油 20㏄

にんにく(つぶしておく) 1かけ

 

〔調味料〕

醤油 大さじ1~

みりん 大さじ2~

 

ブラックペッパー 適量

 

《下準備》

タコは流水で洗っておく。

木綿豆腐はあらかじめしっかりと水切りしておく。

青ネギは3~4センチの長さに切っておく。

ニラは3~4センチの長さに切っておく。

白ネギは3~4センチの長さ(縦に8等分)に切っておく。

にんにくはつぶしておく。つぶしておくと香りが出やすい。

IMG_7012.JPG

1、洗っておいたタコを一口大に切る。

《ポイント》

タコは流水でよく洗ってから切っていく。サイズは一口大が望ましいが、お好みのサイズにするとよい。

 

IMG_7013.JPG

2、木綿豆腐もタコと同じくらいの大きさに切りそろえる。

《ポイント》

木綿豆腐は崩れにくいので、炒め物や焼いたりする料理にむいている。さきほどの工程で切っておいたタコの大きさを意識して切っていく。

 

IMG_7018.JPG

3、〔A〕をフライパンに入れ、弱火にかける。

《ポイント》

にんにくの香りを引き出すため、焦らずに弱火でかけること。焦げすぎないように注意する。

 

IMG_7021.JPG

4、3の香りが出たら火加減を強火にして木綿豆腐を加える。にんにくはとりだしておく。

《ポイント》

にんにくは焦げやすいので、この時点ではいったん取り出しておく。お好みで、後ほど加えてもいいし、取り除いてもよい。

 

 

5、豆腐をしっかりと焼き付け、焦げ目をつけるように焼いていく。

《ポイント》

豆腐に焼き目をつけることで、食べたときの食感が良くなる。あまりいじらないよう焼くことが、きれいに仕上げるコツ。きれいな焼き目は食欲をそそるので、しっかりと焼き色をつけるようにすること。

 

IMG_7023.JPG

6、5に塩をまんべんなくふる。

《ポイント》

豆腐に下味をしっかりとつけるために塩を加える。次の工程でタコを入れるので、タコの塩気も加味しながら入れ過ぎないようにすること。

 

IMG_7027.JPG

7、6に1のタコを加える。

《ポイント》

タコはあまり火が入りすぎない程度に炒めること。

 

IMG_7038.JPG

8、7に青ネギ、白ネギ、ニラを加えてざっくりと混ぜる。

《ポイント》

香味野菜の風味を残すため、火加減に注意して炒めすぎないようにすること。

 

IMG_7046.JPG

9、8に〔調味料〕を加え、なじんだら火をとめ、ブラックペッパーをふったら完成。

《ポイント》

調味料である醤油と味醂を最後の工程で入れることで、塩分が多くなりすぎることを防いでくれる。醤油をまわしかけることで、食べたときに醤油の香りがガーリックと混ざり合って美味しい仕上がりになる。

 

【アレンジレシピ】

・チャンプルーのように、溶き卵を流し込んでも美味しいです。その時は粉カツオなどを加えるとより一層美味しく仕上がります。

 

《今回のレシピのポイント》

・タコはあまり火を通さない方が、美味しく仕上がります。

・香味野菜はあまり火を通さない方が、シャキッとした食感を楽しむことができます。

 

関連記事