ネバネバパワーで健康に! アカモクと納豆のとろろ入りそうめん

 

IMG_0127.JPG                     

 

アカモクという海藻をご存知でしょうか?地域によっては“ギバサ”、“ギンバソウ”、“ナガモ”など、いろんな名称で親しまれており、ワカメや昆布、メカブなどの褐藻類に該当する海藻になります。アカモクは、水溶性食物繊維がたっぷりで、腸内環境を整え、免疫力を高めてくれる効果があるといわれています。そんなアカモクは、想像以上にネバネバ。オクラや納豆など、ネバネバとした食材は身体によく、健康によい食材として愛されていますよね。そんなネバネバしたアカモク、山芋、納豆を具材にして、ネバネバした食材をたっぷりと取り入れたレシピのご紹介です。アカモクはクセがなく、ほかの食材との相性も抜群。アカモク独特の磯の香りがたまりませんよ。健康的な食生活を目指している方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

所要時間約20分※下準備を除く (2人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

アカモク(下処理していないもの、もしくは下処理済みでもよい) 200g

そうめん(茹でて水で〆たもの) 2人前

卵黄 2個分

納豆(ひきわり、小粒 好みのもの) 2パック

とろろ(すりおろしたもの) 5センチ

青ネギ(小口切り) 適量

胡麻 適量

 

[A]※自家製めんつゆ

粉カツオ 5g

水 150cc

醤油 35cc

酒 40cc

砂糖 小さじ1.5

昆布(2センチ×2センチ) 1枚

 

《下準備》

・アカモクを流水でよく洗っておく。数回にわけ、水でよく洗う。ゴミなどが付いているのでよく見て、処理する。

・そうめんをタイミングよく茹で、水で〆ておく。水気を切って器に盛り付けておく。

・山芋の皮をむき、すりおろしてとろろにする。好みで山芋の皮を直火で焼き、すりおろしてもよい。

・卵を割り、卵黄だけにしておく。

・青ネギを食べよく小口切りに切っておく。

・[A]※自家製めんつゆの材料を小鍋などに加え入れ、あらかじめ用意しておく。

 

《作り方》

 

IMG_0024.JPG

 

IMG_0028.JPG

 

1、流水でよく洗ったアカモクを手でしごき、軸を取り除く。

《ポイント》

漁獲されたアカモクは、泥などが付いていることがあるため、流水で何度も洗うこと。アカモクの先端からしごくと軸を綺麗に取り除くことができる。しごくように爪先をたてると、取りやすい。

 

IMG_0106.JPG

 

2、鍋にお湯をたっぷりと沸かし、10~20秒さっと茹でて、流水で冷やしておく。

《ポイント》

アカモクの色が鮮やかな緑色に変化するまで茹でること。茹ですぎないよう、色が鮮やかになれば、さっとザルにあげ、冷水にとって冷ます。

 

IMG_0110.JPG

 

IMG_0112.JPG

 

3、アカモクの水気をきり、包丁で細かく刻む。

《ポイント》

できるだけ細かく刻むと食べやすい食感になる。刻むためにフードプロセッサーを使用してもよい。ぬるぬるしてくるが、できる限り細かくたたくと美味しく仕上がる。

 

IMG_0115.JPG

 

4、[A]を火にかけて沸騰させる。沸騰させた後、火をとめてしばらく冷ます。冷めたらキッチンペーパーなどを使ってこす。

《ポイント》

出汁を作るのが面倒であれば、市販されているめんつゆを使用してもよい。キッチンペーパーでこすときは、最後を絞らないようにする。そうすることでエグミが出にくい。

 

IMG_0118.JPG

 

IMG_0120.JPG

 

5、茹でて〆ておいたそうめんを器に盛り、とろろ、アカモク、納豆を盛り付ける。

《ポイント》

お好みに合わせてトッピングの量を調整すること。アカモクが余った場合、数日以内に食べるのであれば冷蔵庫へ。冷凍庫で長期保存することもできる。

 

IMG_0124.JPG

 

6、盛り付けた具材の中央に黄身をおとす。お好みで、胡麻や生姜、ワサビを添えていただく。

《ポイント》

黄身の下に大葉をしいてもよい。黄身が崩れないように注意して盛り付けること。

 

《今回のレシピのポイント》

・アカモクの食感を活かし、ぬるぬるした食材と合わせて仕上げました。夏バテして食欲のない日や、健康にもよい海藻ですので、ぜひ取り入れましょう。

・うどんのほか、蕎麦やひやむぎ、そうめんや冷やし中華などもおすすめです。ぜひお試しくださいね。

 

関連記事