魚の香ばしさとさっぱりソースが美味しい! メイタガレイのから揚げ

 

IMG_0073.JPG                     

 

「メイタガレイを使った料理を作りたい」それならシンプルなから揚げにしてみませんか。から揚げにする場合、身にバツ印の切れ目を入れましょう。温度をあげてカラッと揚げることで、魚を丸ごと食べることができ、カルシウムもたっぷり。少しかための皮も揚げることで、パリパリの食感になります。メイタガレイに添えるのは、さっぱりと美味しい青ネギのソースを。自分でこだわりのソースを作れば、より一層美味しくなるはず。外はカリカリで、中はホクホクのから揚げと青ネギソースとの相性はバツグンです。いつもとは違った料理で、食卓を彩ってみてはいかがでしょうか。

 

所要時間約30分※下準備を除く (2人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

メイタガレイ(小)処理済み 2枚

 

[下味]

塩 小さじ1/3~1/4

清酒 小さじ1

 

片栗粉 適量

油 適量

 

[青ネギソース]

青ネギ(小口切り) 2~3本分

白ネギ(みじん切り) 5センチ

生姜(みじん切り) 少々

薄口醬油 大さじ1.5

キビ砂糖 小さじ1/2~1

米酢 大さじ1

タバスコ 少々

胡麻油 少々

すり胡麻 大さじ2/3

 

《下準備》

・青ネギを小口切りにする。

・白ネギをみじん切りにする。

・生姜をみじん切りにする。

・揚げ油を160度で予熱しておく。

 

《作り方》

 

IMG_0052.JPG

 

IMG_0056.JPG

 

1、メイタガレイの水気をキッチンペーパーでしっかりとふき取り、下味の塩と酒をふり、5~10分なじませる。なじませたら、切れ目を入れる。

《ポイント》

キッチンペーパーで水気をふき取り、下味をつけることで仕上がりに差が出る。切れ目を入れることで、火が入りやすくなり、見た目もよくなる。

IMG_0058.JPG 

2、1のメイタガレイの水気を再びキッチンペーパーでふき取り、片栗粉をまんべんなくたっぷりとまぶす。

《ポイント》

キッチンペーパーで丁寧に水気をふき取ることで、揚げやすくなり、揚げた際に油がはねることをおさえてくれる。メイタガレイにはできるだけ片栗粉をまんべんなくまぶす。片栗粉をまぶすことで、旨味を閉じ込めることができる。

 

IMG_0048.JPG

 

IMG_0050.JPG

 

3、あらかじめ用意しておいた【材料】の[青ネギソース]を混ぜ合わせる。器に盛り付けておく。

《ポイント》

ソースにムラがないようにしっかりと混ぜ合わせておく。お子様向けにはタバスコを入れないようにすること。ソースは小さめの器に盛り付けて置き、から揚げに添えると見た目も綺麗になる。もちろん、出来上がったらそのままから揚げにかけてもよい。

 

IMG_0060.JPG

 

4、あらかじめ160度に予熱しておいた油で、メイタガレイを揚げる。

《ポイント》

少し時間をかけて揚げること。まずは160度にすることで、メイタガレイの水気を少しずつ飛ばし、しっかりと揚げることができる。思っているよりも泡が出るが、次第になくなっていく。揚げるときは、余分な粉は叩き落としてから揚げること。

 

IMG_0067.JPG

 

IMG_0070.JPG

 

5、油の温度を180度に上げ、カラッとなるまで揚げる。

《ポイント》

火がだいぶ通ったら菜箸などでメイタガレイを持ち上げ、揚がり具合を確認し、油の温度を上げる。もしくはメイタガレイを一度取り出しておくとよい。骨までカリカリに揚げる場合、しっかりと揚げること。

IMG_0071.JPG 

6、器に盛り付け、[青ネギソース]を添え、好みで一緒にいただく。

《ポイント》

・油切りにのせて、できるだけ余分な油を落としてから盛ること。

 

《今回のレシピのポイント》

・メイタガレイは、低温でじっくりと時間をかけて揚げることで、骨までおいしくいただくことができます。揚げる油の加減は気を付けましょう。

・メイタガレイを揚げるとき、温度管理に気を付け、丁寧に揚げましょう。こうすることで骨までおいしく食べられるようになり、外はカリッとした美味しさに仕上がります。必ず、油の温度は二段階で仕上げましょう。

・いつものカレイのから揚げを、よりおいしく、さっぱりといただけるソースを添えています。消化吸収などにもよいので、ぜひお試しくださいね。

 

 

関連記事