しゃきしゃき甘い新玉とイカの組み合わせがたまらない!スルメイカと新玉ねぎのニンニクドレッシングサラダ

IMG_5596.JPG                     

 

プリプリで優しい甘みのスルメイカが主役のサラダです。しゃきしゃきと甘い新玉ねぎとの相性を楽しんでいただけます。茹ですぎないようにスルメイカの火入れには気を付けるのが美味しく作るコツ。今回は彩りにトマトを使いました。見た目をかわいくしたい場合、ミニトマトなどで仕上げるとよいでしょう。ぜひ試してみてくださいね。

 

所要時間約25分※下準備を除く (3~4人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

スルメイカ(あらかじめ下処理されているもの) 1~2杯

新玉ねぎ 1個分

ラディッシュ(スライス) 2個分

トマト(くし型切り)1個分

フレッシュディル(葉先だけ使う) 少々

 

[ニンニクドレッシング]

玉ねぎのすりおろし 大さじ1強

にんにくのすりおろし 1かけ分

白ワインビネガー 50cc

オリーブオイル 50cc

天然塩 小さじ1/4~1/3

ブラックペッパー 少々

 

《下準備》

・スルメイカはスーパーなどであらかじめ調理しているものを使うと簡単にできる。調理済みでない場合のスルメイカは、下処理してから輪切りにして調理に取り掛かる。

・新玉ねぎは皮をむいてから水で洗っておく。

・フレッシュディルはきれいに汚れを落とし、葉先だけ摘みとっておくこと。水気はしっかりと切っておく。

・[ニンニクドレッシング]に入れる玉ねぎはすりおろしておく。

・[ニンニクドレッシング]に入れるにんにくは、皮をむき、芯をとってからすりおろして用意しておくこと。

・[ニンニクドレッシング]の材料はあらかじめ計量して、小さめのボウルに入れておく。

・スルメイカを茹でるためのお湯を、鍋にたっぷり沸かしておく。

・ラディッシュはきれいに洗ってから、スライサーなどで薄切りにしておく。

・トマトはくし型切りに切っておく。好みで種は抜いておくとよい。

 

《作り方》

IMG_5573.JPG

1、  あらかじめ用意しておいたお湯を沸かし、スルメイカを色よく湯通しする。色がかわったら、すぐに引き上げ、水気を切り、手早く冷ます。

《ポイント》スルメイカは火が通りすぎると美味しくないので、色の変化を基準に注意すること。色が変わってきたらお湯から引きあげ、すぐに冷ます。余熱でも火が通るので、うちわなどであおいでパパッと冷ますとよい。

IMG_5577.JPG

2、  新玉ねぎはスライサーなどを使って繊維を断ち切るように薄切りにする。そして、新玉ねぎを広げて空気に触れさせ、15分以上おいておく。

《ポイント》通常、生で食べる玉ねぎは水でさらすことが一般的。今回の方法は空気に切り口をふれさせることで、辛みが飛び、栄養成分も逃げない。水っぽくならないので、この調理法がおすすめ。好みで、水にさらして水気を切ってもよい。

IMG_5583.JPG

3、  ボウルに2の新玉ねぎをそのまま入れ、あらかじめスライスしておいラディッシュとトマトを合わせてざっくり合える。

《ポイント》新玉ねぎは空気にさらした後、そのまま他の食材と合わせる。水っぽくならないうえ、栄養面でも優れている。

IMG_5593.JPG

4、  3に1のスルメイカを加え混ぜる。そしてディルをちぎって加える。

《ポイント》ざっくりと混ぜ合わせ、トマトが崩れないように注意する。

IMG_5584.JPG

5、  [ニンニクドレッシング]の材料を入れて用意していたものをしっかりと混ぜ合わせる。

《ポイント》味を見て足りなければ塩で調味するとよい。使う前に再度、よく混ぜ合わせて乳化させる。

 

6、  3を器に盛り付け、食べる直前に5の[ニンニクドレッシング]をかけていただく。

《ポイント》なるべくフレッシュに仕上げたいので、食べる直前にしっかりと混ぜ合わせた[ニンニクドレッシング]をかけていただくこと。

 

 《今回のレシピのポイント》

・新玉ねぎは、空気に触れさせることで、水にさらす必要がなく栄養面でも優れています。

・生のスルメイカのお刺身で作っても違った美味しさが味わえますので、いろいろ試してみてくださいね。

関連記事