栄養ばっちり!イワシと豆腐のハンバーグ-特製オニオンドレッシングソース付き-

IMG_6674.JPG                     

「栄養たっぷりのイワシを使いたい」「子ども向けに食べやすい魚料理にチャレンジしたい」それならイワシと豆腐で、栄養たっぷりのハンバーグを作ってみてはいかがでしょうか。魚が苦手な方やお子様でもご安心ください。イワシをフードプロセッサーで攪拌(かくはん)し、豆腐も加えることで、とっても食べやすくなります。多めに作っておき、冷凍しておけば、ストックしておくことも。特製のオニオンドレッシングソースは手作り。自分で作れば、市販のドレッシングと比べてカロリーもオイルも減らすことができ、ヘルシーになります。ドレッシングに使う玉ねぎはできるだけ新鮮なものを。すりおろしたばかりの玉ねぎの風味はたまりません。ニンニクもお好みで追加してみてください。

 

所要時間約30分※下準備を除く (3~4人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

イワシ(下処理済) 4尾

木綿豆腐(水切りしたもの) 1丁

 

[A]

清酒 大さじ2/3

塩 小さじ1/4

生姜汁 小さじ1強

胡椒 少々

 

[オニオンドレッシングソース]

清酒 100cc

はちみつ 小さじ1/3~

醤油 50cc

[別途用意]

玉ねぎ(すりおろし) 大さじ2~3

ニンニク(すりおろし) 少々

 

油 適量

生野菜(付け合わせ) 適量

 

《下準備》

・イワシは開いたものであれば、背びれや尾びれなどをキッチンバサミで切り落とす。流水で洗ってからキッチンペーパーで水気をふく。

・木綿豆腐はあらかじめしっかりと水気をきっておく。

・玉ねぎ、ニンニクはすりおろしておく。

 

《作り方》

IMG_6646.JPG

1、まずは[オニオンドレッシングソース]を作る。清酒、はちみつを小鍋に入れ、火にかける。沸騰したら醤油を加え、1~2分煮て火をとめ、冷ましておく。

《ポイント》

先に小鍋に入れるのは清酒とはちみつ。火にかけてアルコールを飛ばすこと。ソースが冷めるのに時間がかかるため、最初の工程で[オニオンドレッシングソース]を作るとよい。

IMG_6653.JPG

2、1の[オニオンドレッシングソース]のベースにすりおろした玉ねぎ、ニンニクを加えて混ぜる。

《ポイント》

ニンニクは好みによって増減するとよい。

IMG_6649.JPG

3、フードプロセッサー(もしくはブレンダー)にイワシを入れ、軽く攪拌(かくはん)する。

《ポイント》

あらかじめイワシの背びれや尾びれなどをキッチンバサミで切っておく。食べたときの食感に影響するため、丁寧に下処理すること。

IMG_6650.JPG

4、3に[A]を加え、木綿豆腐を加え、再び混ぜる。

《ポイント》

用意する豆腐は木綿豆腐にすることで、ほどよいやわらかさになり、型崩れを防ぐことができる。絹豆腐だとハンバーグ型に成形するのが難しくなる。

IMG_6657.JPG

5、4のタネを取り出し、4~5等分し、ハンバーグ型に成形する。

《ポイント》

ハンバーグの大きさは4~5等分が目安だが、好みで大きくしたり、小さくしたりするとよい。

IMG_6658.JPG

6、フライパンに油を熱し、成形したイワシハンバーグを並べ入れ、両面をこんがりと焼く。

《ポイント》

イワシハンバーグ同士がくっつかないように適度に間隔をあけて並べ入れること。両面に焦げ目をつけるため、すぐにひっくり返さず、少し焼き色をつけるのがコツ。

IMG_6659.JPG

7、フライパンに蓋をして5~6分蒸し焼きにして、器に取り出す。

《ポイント》

蒸し焼きにすることで、しっかりと火が入る。取り出す際、少し崩れやすくなっているので、丁寧に盛り付けること。

 

IMG_6661.JPG

8、7のイワシハンバーグを器に盛り付け、あらかじめ作っておいた[オニオンドレッシングソース]をかける。付け合わせの生野菜を添えたら完成。

《ポイント》

今回は付け合わせの生野菜をレタス、レッドキャベツにしているが、キャベツやサラダ菜など好みで添えるとよい。オニオンドレッシングソースと生野菜の相性も良く、サラダ感覚で食べることができる。

 

《今回のレシピのポイント》

・特製のオニオンドレッシングソースは色んな料理に応用できます。

・イワシと豆腐を使うことで、とってもヘルシーになります。

関連記事