まるで、カフェ飯みたい!イワシと水ナス入りラタトゥイユのガーリックライス

南フランス料理の定番である「ラタトゥイユ(Ratatouille)」。そんなラタトゥイユとカリカリのイワシを一緒に合わせて、カフェ飯のような料理を作ってみてはいかがでしょうか。イワシにはハーブソルトを。青魚が苦手だという方でも美味しくいただけるはず。ガーリックライスが食欲をそそりますよ。

 

所要時間約45分※下準備を除く (4~5人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

[ラタトゥイユソース]

トマト(角切り) 2個

水ナス(食べよく切る) 2個

玉ねぎ(角切り) 1個

ピーマン(1.5センチ角) 1個

パプリカ(1.5センチ角) 2/3個

 

[A]

オリーブ油(エキストラバージン) 大さじ2

ニンニク(みじん切り) 1かけ

 

[調味料]

ハーブソルト 小さじ1~

胡椒 少々

味噌 少々

醤油 少々

キビ砂糖 少々

白ワイン 3/4弱

 

イワシ(開いたもの) 4枚

[B]

ハーブソルト 少々

胡椒 少々

小麦粉 適量

日本酒 適量

 

油 適量

 

[ガーリックライス]

ご飯

ニンニク(みじん切り) 1かけ

油 50CC

塩コショウ 適量

 

《下準備》

・[ラタトゥイユソース]に使用するトマトは角切り、水ナスは食べよく切り、玉ねぎは角切り、ピーマンとパプリカは1.5センチ角に切っておく。

・[A]と[ガーリックライス]のニンニクは皮をむき、みじん切りにする。

 

《作り方》

IMG_6917.JPG                       

1、イワシはあらかじめ手開きしたものを用意し、[B]の酒をふり、ハーブソルトをまぶし、しばらくおく。

《ポイント》

イワシは手開きしてあるものを選ぶと調理がはかどる。酒をふることで、青魚特有の臭みをおさえ、さらにハーブソルトで香りづけをする。

IMG_6927.JPG

2、1の汁気をキッチンペーパーなどでふき取り、小麦粉をまぶす。

《ポイント》

イワシから水分が出ているため、キッチンペーパーなどで水気をふき取ること。小麦粉をまぶすことで、こんがりとした食感になって美味しくなる。

IMG_6933.JPG

3、フライパンに油を加えて中火で熱し、2のイワシを両面こんがりと焼く。焼けたら取り出しておく。

《ポイント》

フライパンでイワシを焼く際、皮目を下にして焼くこと。こんがりと焼き目を付けるため、焼きはじめにいじりすぎないように注意する。焼けた後、盛り付けやすいように器などに入れておくとよい。

IMG_6872.JPG

4、フライパンに[A]を弱火で熱し、玉ねぎを入れて炒める。

《ポイント》

玉ねぎが少しだけしんなりとする程度に炒めるとよい。

IMG_6876.JPG

5、4にトマト、水ナス、ピーマン、パプリカを順に入れ、炒める。

《ポイント》

野菜を加える際、一度にすべて入れないこと。1種類ずつ加え、野菜の旨味を引き出すことを意識する。

 

image007.jpg

6、5に油がまわったら[調味料]を加えて煮立てる。

《ポイント》

野菜全体を炒めると美味しくなる。水を加えず、野菜本来の水分を活かして調理するのがコツ。

image008.jpg

7、6が煮立ったら弱火にして蓋をし、25~30分煮る。味を見て足りなければ、塩を足して調味する。

《ポイント》

野菜で引き出した味を確認するため、塩で調味するタイミングに注意する。トッピングであるイワシにはハーブソルトがふってあり、ガーリックライスにも味が付いているため、味が濃くなり過ぎない程度にするとよい。

 

IMG_6920.JPG

8、続いて[ガーリックライス]を作る。フライパンに油とニンニクを入れ、中火で炒める。

《ポイント》

[ラタトゥイユソース]を煮込んでいる間、煮込むのに時間が必要なため、[ガーリックライス]を作るとよい。

IMG_6923.JPG

9、8にご飯を入れ、しっかりと炒め、塩コショウで調味する。

《ポイント》

しっかりと炒めるほうが美味しく仕上がる。

 

IMG_6945.JPG

10、器に[ガーリックライス]を盛り、イワシを盛り付け、[ラタトゥイユソース]をかけたら完成。

《ポイント》

[ガーリックライス]、イワシ、[ラタトゥイユソース]をかけ、パセリやバジルのみじん切りを添えると見た目の彩りがよくなる。

 

《今回のレシピのポイント》

・ハーブソルトをイワシに活用することで、青魚が苦手な方でも安心です。

・ラタトゥイユソースは旬の野菜も美味しくいただけるレシピです。

関連記事