サバ缶の野菜ケチャップ炒め煮-カレー風味-

とっても便利で、ストックしやすいサバ缶。そんなサバ缶を使ったアイデア料理を作ってみてはいかがでしょうか。「魚料理は好きだけど、調理に手間がかかりそう」「魚の下処理に自信がない」そんな方でもサバ缶を使えば、心配なんていりません。まずは材料をしっかりと用意し、サバ缶を使って調理を進めるだけです。サバ缶を使っているとは思えないはず。ケチャップとカレーの風味で、簡単なのに美味しく仕上がります。ご飯に大葉の千切り、ヘンプシード(胡麻でも代用可)を混ぜれば、見た目もよくなります。カレーの辛さを抑えれば、お子様向けにもおススメですよ。

 

所要時間約25~30分※下準備を除く (2人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

サバの缶詰(水煮) 1缶

カレーパウダー 大さじ1.5~2

ガラムマサラ 小さじ1/2

 

[A]

ショウガ(みじん切り) 大1かけ

ニンニク(みじん切り) 1かけ

玉ねぎ(みじん切り) 小1個

セロリ(みじん切り) 5センチ分

赤ピーマン(粗みじん切り) 1個分

 

[調味料]

ケチャップ 50cc弱

洋風スープ 50cc

豆乳クリーム 15cc

 

[B]

醤油 少々

キビ砂糖 少々

 

[その他]

ご飯 2人分

大葉(千切り) 5枚

ヘンプシード(すり胡麻でもよい) 大さじ1~2

紅花油 大さじ1

粉チーズ 適宜適量

 

《下準備》

・ショウガは皮をむき、みじん切りにしておく。

・ニンニクは皮をむき、みじん切りにしておく。

・玉ねぎは皮をむき、みじん切りにしておく。

・セロリはみじん切りにしておく。

・赤ピーマンは粗みじん切りにしておく。

 

《作り方》

IMG_8952.JPG

1、フライパンに紅花油を熱し、[A]を入れてしっかりと焼き色が付くまで炒める。

《ポイント》

色んな野菜を用意し、みじん切りにすることで、たっぷりと栄養も摂ることができる。できるだけ細かくみじん切りにすれば、火が通りやすい。あらかじめ玉ねぎ、セロリ、赤ピーマンを電子レンジであたためれば、調理を時短することもできる。

IMG_8955.JPG

2、1にカレー粉、ガラムマサラ、あればクミンシードも入れて炒め合わせる。

《ポイント》

スパイスの量は好みで増減するとよい。カレー粉がない場合、固形のカレールーでも代用できるが、塩気が入るため、調味料などを調整すること。

IMG_8958.JPG

3、2が全体になじんだら、サバの水煮缶を汁ごと加え、崩しながら熱し、汁気を飛ばすように煮ていく。

《ポイント》

サバ缶の骨が気になる場合、崩しながら取り除くとよい。

IMG_8960.JPG

4、3に[調味料]を加え、さらに煮汁を飛ばすように炒めて、[B]で味をととのえる。

《ポイント》

豆乳クリームは生クリームでも代用できる。

IMG_8961.JPG

5、4を一旦冷ましておき、味をなじませる。

《ポイント》

加熱後、冷ましておくことで味がしみ込んでいく。しばらくなじませた後、加熱するため、焦げない程度に火を止めること。

IMG_8963.JPG

6、ご飯をボウルに入れ、大葉の千切り、ヘンプシード(すり胡麻でもよい)を加えて混ぜる。

《ポイント》

ご飯は温かいものを用意する。大葉の千切りは水気がないようにするとよい。大葉がない場合、バジルや青ネギでも代用できる。ヘンプシードがあればよいが、すり胡麻などでも代用できる。

IMG_8964.JPG

7、6を器に盛り付ける。

《ポイント》

ご飯を中心部から全体に盛り付け、ケチャップ炒め煮を中央にのせる盛り付け方にしている。盛り付け方は好みで調整するとよい。

IMG_8969.JPG

8、盛り付ける前に5のフライパンをあたため、火を通してから7にのせる。

《ポイント》

すでに火を通しているため、焦げないように注意しながら再び火を通すこと。

IMG_8970.JPG

9、8に好みで粉チーズをふったら完成。

《ポイント》

トースト

粉チーズではなく、スライスチーズでも代用できる。スライスチーズの場合、ケチャップ炒め煮を再度加熱する際、フライパンで少し加熱して溶かしておくと美味しく仕上がる。好みで粉チーズの量は増減するとよい。

 

《今回のレシピのポイント》

・便利なサバ缶を使った美味しいアレンジレシピです。

・魚料理が苦手な方でも手軽にオシャレな料理を作ることができます。

関連記事