福井名物をアレンジ!へしことニラのチャーハン

                   

  「へしこ」は鯖に塩を振って糠漬けにしたもので、福井県の伝統料理としておなじみです。アンチョビのような味わいで、そのまま食べても美味しいですし、炙って食べても美味しいです。料理の食材として、工夫次第で色んな料理にアレンジすることができます。今回はへしこをたっぷりと使い、チャーハンにしました。お昼ご飯にもいいですし、お酒との相性も抜群で、日本酒や焼酎はもちろん、ビールなどともよく合います。

 

所要時間約20~25分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

ご飯 2杯分

へしこ 1/2身~

 

[A]

ショウガ(みじん切り) 1かけ

油 適量

 

玉ねぎ(みじん切り) 小1個

シイタケ(みじん切り) 2枚分

キャベツ(みじん切り) 1枚分

ニンジン(みじん切り) 5センチ分

 

[B]

卵(溶いておく) 2個

白ネギ(みじん切り) 大さじ2

 

胡麻油 適量

清酒 適量

醤油 少々

ニラ(みじん切り) 1/5束

 

《下準備》

・ご飯は炊いておき、温かいものを用意しておく。

・へしこは糠を洗ってから薄皮をはがし、骨を取り除いておく。

・ショウガは皮をむき、みじん切りにしておく。

・玉ねぎはみじん切りにしておく。

・シイタケは軸をおとし、みじん切りにしておく。

・キャベツはみじん切りにしておく。

・ニンジンは皮をむき、みじん切りにしておく。

・卵は割って小さなボウルなどに入れて溶いておく。

・白ネギは根元をおとし、みじん切りにしておく。

・ニラは根元をおとし、みじん切りにしておく。

 

《作り方》

IMG_9709.JPG

1、あらかじめ糠をぬぐっておいたへしこを食べよく切り、炙って身をほぐし、小骨を取り除き、細かめに刻んでおく。

《ポイント》

へしこは米糠をぬぐう程度でもよいし、気になるのであれば水洗いしてもよい。その後、フライパンで軽く火を入れ、小骨があるので、しっかりと取り除いておく。包丁で細かく刻むことで、小骨も気にならなくなる。

 

2、フライパンに油を適量ひき、溶いておいた卵、みじん切りにした白ネギを加え入れ、半熟になったら一度、取り出しておく。

《ポイント》

フライパンはそのまま使うので、チャーハンの分量が入る程度の大きさのフライパンを使用するとよい。

IMG_9724.JPG

3、フライパンをキレイにして、胡麻油適量を足し、[A]を入れて香りがするまで火にかける。

《ポイント》

フライパンはキッチンペーパーなどで軽くふき取り、油を適量足し、ショウガが焦げない程度に火を入れる。

IMG_9726.JPG

4、3のフライパンにみじん切りにしておいた玉ねぎ、ニンジン、シイタケ、キャベツを加える。

《ポイント》

野菜はできるだけ細かくみじん切りにすると火が入りやすくなる。好みに合わせて野菜の量は増減するとよい。

IMG_9728.JPG

5、4に用意しておいたへしこを加え、清酒を少々加えて炒める。

《ポイント》

フライパンにへしこを加える際、へしこを加える場所を木べらなどであけておき、へしこを加えるとよい。へしこを炒めることで、へしこの旨味をしっかりと引き出すことができる。清酒をふることで、へしこの臭みを抑えることができる。

 

6、5に用意しておいたあたたかいご飯を加える。

《ポイント》

ご飯はあたたかいものを加えること。

IMG_9738.JPG

7、フライパンの中央部分をあけ、先ほど取り出しておいた卵を加えて炒める。

《ポイント》

卵を加えたら全体が混ざるように炒める。

IMG_9744.JPG

8、7にみじん切りにしたニラを加え、炒めて器に盛りつけたら完成。

《ポイント》

ニラを加えることで、さらに美味しく仕上げることができる。好みで醤油を少しだけまわしかけたり、柚子胡椒を添えたりしても美味しい。

 

《今回のレシピのポイント》

・福井名物のへしこをいっぱい使って作るこだわりのレシピです。

・へしこの下処理は難しそうに思えますが、丁寧に処理すれば初心者の方でも心配いりません。

・色んな野菜も加えることで、栄養もたっぷりと取ることができます。

関連記事