ワインともよく合う!ホタテのチーズたっぷりのパンキッシュ

IMG_0055.JPG

 

「ホームパーティ用に料理を用意したい」「手軽に食べごたえのあるものを作りたい」それならサンドイッチ用のパンを生地に見立てて、お手軽キッシュを作ってみてはいかがでしょうか。タルト生地を作らずにキッシュを作ることができ、生地は外がカリカリとしていて、中はトロっとして濃厚な仕上がりに。ホタテとトロリとしたチーズの相性も抜群です。ワインとの相性もいいので、みんなが大好きなキッシュがあれば、ホームパーティでも大活躍ですね。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約60~65分※下準備を除く (3~4人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

ホタテ(生食用) 5~6個

 

玉ねぎ(縦に薄切り) 1個分

ブロッコリー(小房に分けたもの) 1/4株

シメジ(小房に分けたもの) 1/3袋分

 

チーズ(ピザ用) 100g

粉チーズ 適宜適量

食パン(八切り) 6枚

 

塩 少々

胡椒 少々

菜種油 適量

発酵バター 適宜適量

 

[A]

卵 3個

卵黄 1個分

生クリーム 150ml

塩 少々

ミックススパイス 少々

 

[その他]

バジル(ちぎっておく) 適宜適量

ミニトマト(あれば用意し、半分に切る) 3~4個

 

《下準備》

・ホタテは冷凍であれば半解凍し、水気をしっかりふき取る。

・玉ねぎは洗ってから皮をむき、縦に薄切りにしておく。

・ブロッコリーは小房に切り分ける。

・シメジは石づきを取り、小房に切り分ける。

・バジルは洗ってからちぎっておく。

・耐熱容器に発酵バターを塗っておく。

・オーブンはあらかじめ170℃に予熱しておく。

 

《作り方》

IMG_0013.JPG

1、ホタテは厚みを三等分にして、塩胡椒をふっておく。

《ポイント》

ホタテは食べやすいサイズに切っておくとよい。下味を付けることで、しっかりとした味わいに仕上がる。

IMG_9992.JPG

2、食パンはサンドイッチ用を用意するか、耳を落とし、十文字に切ってから三角形に切る。

《ポイント》

パンはサンドイッチ用を用意してもよい。パンの耳も使う場合、別の耐熱容器にパンの耳を並べ、卵液を注ぎ、チーズを並べ、好みの具材と一緒に焼いてアレンジしてもよい。

IMG_9999.JPG

3、あらかじめバターを塗っておいた耐熱容器に2の食パンをしきつめていく。

《ポイント》

耐熱容器にバターを薄くぬることで、焼いたとき、パンが器にくっつかないようになる。三角形の食パンで、中央部分を囲い込むようにしきつめることで、中央部分に並べた具材が外にあふれ出さないようになる。

IMG_9997.JPG

4、[A]の材料の卵と卵黄をボウルに入れてしっかりと混ぜ合わせる。次に生クリーム、塩、ミックススパイスを入れて混ぜ合わせる。

《ポイント》

[A]の卵をボウルに入れ、先に混ぜ合わせておくこと。

IMG_0003.JPG

5、フライパンに油を少々熱し、玉ねぎを炒めて取り出す。次にシメジをさっと炒めて取り出し、玉ねぎとシメジをキッシュにのせる。

《ポイント》

並べたときにあけておいた中央部分に玉ねぎとシメジをのせる。

IMG_0011.JPG

6、5の切り分けておいたブロッコリーを並べ、チーズをふり、[A]のソースを流し込む。

《ポイント》

ブロッコリーは大きめに切り分けることで、食感や風味を残すことができる。

IMG_0020.JPG

7、1のホタテをのせ、バジルをのせ、粉チーズをふる。

《ポイント》

バジルがければ、パセリや大葉でも代用できる。粉チーズの量は好みで増減するとよい。

IMG_0024.JPG

8、あらかじめ170℃に予熱したオーブンで、30~40分焼いたら完成。

《ポイント》

オーブンにより、温度や焼き時間には違いがあるため、ご家庭の調理器具によって調整すること。仕上げにブラックペッパーをふってもよいし、ケチャップをかけてもよく合う。

 

《今回のレシピのポイント》

・キッシュの生地は食パン、もしくはサンドイッチ用のパンで作ることができます。

・オーブントースターで焼く場合、焦げつかないように、途中でアルミホイルをかぶせて焼くといいでしょう。

・難しそうな料理に思えますが、意外と手軽に作ることができます。

・バターを塗ってあるので、切り分けやすくなっています。

関連記事