2種類のソースが決め手!ホタテと押麦入りトマトソースのモルネーソース焼き

 

フランス料理に使われるモルネーソース。ベシャメルソースにチーズと卵黄を加えて作ったソースのことを言います。「家族や友人が驚くような料理を作りたい」「ホームパーティでふるまいたい」そんな方におススメです。とても濃厚な味わいで、ワインとの相性もいいですよ。ホームパーティにもピッタリの一品です。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約45~50分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

ホタテ(2等分) 4~6個

胚芽押麦 60g

 

[トマトとキノコのソース]

発酵バター 大さじ2/3

玉ねぎ(みじん切り) 1/3個分

キノコ(薄切り) 1パック

トマトの水煮缶 1/4缶分

トマトケチャップ 大さじ2強

塩 少々

胡椒 少々

 

[モルネーソース]

発酵バター 大さじ2

薄力粉 25g

牛乳(あたためたもの) 350ml

ミックスチーズ 大さじ1~2

卵黄 1個分

生クリーム 1/8cup

 

[その他]

ミックスチーズ 少々

パン粉 少々

バター 少々

薄力粉 少々

油 適量

バター(耐熱容器に塗る) 少々

塩 少々

胡椒 少々

パセリ 適量

 

《下準備》

・ホタテは冷凍タイプであれば半解凍し、2等分の厚さに切る。

・胚芽押麦はさっと洗ってから鍋に入れ、かぶるぐらいの水を入れて沸騰させる。10分ほど茹でたら水気を切っておく。

・オーブンはあらかじめ200℃に予熱しておく。

・耐熱皿にバターを塗っておく。

・[トマトとキノコのソース]の玉ねぎはみじん切りにし、キノコは薄切りにしておく。

・[モルネーソース]の牛乳はあらかじめあたためておく。

・[モルネーソース]の卵黄と生クリームは小さなボウルで混ぜ合わせておく。

 

《作り方》

IMG_0392.JPG

1、ホタテはキッチンペーパーなどで水気をしっかりとふき取り、塩胡椒をして、茶こしなどで薄力粉を薄くまぶす。フライパンに少々の油を熱し、両面をさっと焼いて取り出しておく。

《ポイント》

薄力粉をまぶしたら余計な粉をはたき落とすこと。ホタテは両面をさっと焼く程度でかまわない。

IMG_0396.JPG

2、[トマトとキノコのソース]のバターを小さめのフライパンに溶かし、みじん切りにした玉ねぎ、薄切りにしたキノコを加えて炒める。

《ポイント》

キノコはシイタケにしているが、マッシュルームやシメジでも代用できる。

 

IMG_0398.JPG

3、2がしんなりとしたら、トマトの水煮、ケチャップ、塩胡椒を加えて弱火で煮つめる。

《ポイント》

しんなりとするまで炒めるが、焦げないように注意すること。

IMG_0412.JPG

4、3にあらかじめ茹でて水気をきっておいた胚芽押麦を加えて混ぜ、耐熱皿に盛り付ける。

《ポイント》

胚芽押麦にすることで、栄養バランスもよくなる。胚芽押麦がなければ、白ご飯でも代用できる。

IMG_0401.JPG

5、[モルネーソース]を作る。鍋にバターを加え入れ、弱火で溶かす。次に薄力粉を加えて木べらなどで5分ほど炒める。ダマがなくなったら一度火をとめ、鍋底を濡れ布巾にあてて冷ます。

《ポイント》

薄力粉がダマにならないようにすること。

image007.jpg

6、5にあらかじめあたためておいた牛乳を加えて混ぜ、再び火にかける。泡だて器でこそげるようにかき混ぜながら煮立て、トロリとするまで火を通す。

《ポイント》

火にかけて混ぜると、だんだんと写真のようにトロリとした状態になる。

IMG_0409.JPG

7、6がトロリとしたらミックスチーズとあらかじめ混ぜ合わせておいた卵黄、生クリームと混ぜ合わせる。

《ポイント》

ミックスチーズの量は好みで増減するとよい。

IMG_0422.JPG

8、盛り付けた4の上から7のモルネーソースをかけ、1で用意したホタテを盛り付け、ミックスチーズ、パン粉、バターをのせる。予熱しておいたオーブン200℃で、12分ほど焼いたら完成。

《ポイント》

あれば好みで刻んだパセリやバジルをのせてもよい。焼き具合はご家庭にある調理器具によって異なるので、焼き具合をみながら調整すること。

 

《今回のレシピのポイント》

・ホタテをアレンジした美味しいレシピです。

・多めに作ればホームパーティの料理にもおススメです。

関連記事