プリっとしたエビが美味しい!エビとひき肉の蒸し団子

IMG_0804.JPG

 

 エビは低脂肪かつ低カロリーなのにたんぱく質が豊富です。蒸し団子にすることで、エビはプリプリの仕上がりに。蒸し団子にはひき肉を使うことで、とってもジューシーになり、満足度もアップします。蒸し団子の水分で蒸し上がり、美味しいスープが出るので、下にしいたナスも美味しく食べることができますよ。食欲のない時でもあっさりと食べることができるはず。出来立てのアツアツの蒸し団子とビールとの相性はバツグンです。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約25~30分※下準備を除く (3~4人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

エビ(殻をむいて背ワタを取る) 220g

鶏もも肉(ひき肉) 100g

玉ねぎ(みじん切り) 大1/2個分

白ネギ(みじん切り) 5センチ分

ナス(薄切り) 8~12枚

 

[調味料]

塩 小さじ1/3

醤油 小さじ2

きび砂糖 小さじ2

清酒 小さじ2

太白胡麻油 小さじ2

 

[水溶き片栗粉]

片栗粉 大さじ2

水 大さじ3弱

 

[からし醤油]

醤油 適宜適量

からし 適宜適量

 

[その他]

片栗粉 大さじ2強

パクチー 少々

 

《下準備》

・エビは殻をむき、背ワタをとって尾も取る。そして塩水で、汚れを落とし、キッチンペーパーなどでキレイに水気を拭き取っておく。

・玉ねぎは皮をむき、洗ってから水気をきり、そしてみじん切りにする。

・白ネギも包丁でみじん切りにしておく。

・玉ねぎと白ネギのみじん切りはボウルに入れて合わせておく。

・からし醤油は小皿などに各自好みで用意しておくとよい。

・[A]の玉ねぎと白ネギをボウルに合わせ、片栗粉大さじ2を加え、混ぜ合わせておく。

・調味料はあらかじめ小さめのボウルに入れて混ぜ合わせておく。

 

《作り方》

IMG_0757.JPG

1、あらかじめ下処理しておいたエビをまな板に乗せ、包丁で少し粘りが出るまでたたく。

《ポイント》

エビは包丁で細かく刻むというよりも、適度な大きさに叩くようにするとよい。細かすぎないようにすることで、エビの食感を残すことができる。

IMG_0761.JPG

2、大きめのボウルを用意し、ボウルに鶏ひき肉を入れ、1でたたいたエビを加え、あらかじめ合わせておいた[A]の玉ねぎと白ネギのみじん切りを加え入れる。

《ポイント》

玉ねぎと白ネギのみじん切りはできるだけ細かくすること。

IMG_0768.JPG

3、ボウルにあらかじめ混ぜ合わせておいた調味料を加え入れ、粘りがしっかりと出るまで手で混ぜ合わせる。

《ポイント》

[調味料]の量は好みで増減するとよい。

IMG_0775.JPG

4、3の出来上がったタネを8~12等分にして、丸めておく。

《ポイント》

タネの大きさは好みに合わせて調整するとよい。大きめにする場合、蒸し時間に気を付けること。

IMG_0779.JPG

5、あらかじめ用意しておいた水溶き片栗粉に、4で丸めたタネを一つずつくぐらす。

《ポイント》

[水溶き片栗粉]はあらかじめ用意しておくと調理がはかどる。タネが崩れないように気を付けること。

IMG_0783.JPG

6、フライパンにオーブンシートをしき、ナスの輪切りを並べ、ナスの上に、5で作っておいたタネをのせる。

《ポイント》

ナスを並べる際、ある程度の間隔をあけること。野菜の量を増やしたい場合、好みでキャベツなどを加えて蒸してもよい。

IMG_0790.JPG 

7、6のオーブンシートの下から水を100cc 注ぎ、蓋をして弱火にかけ、沸騰後、10~12分ほど蒸したら完成。パクチーは好みで飾り付けるとよい。

《ポイント》

蒸し具合は時々確認すると失敗しにくくなる。

IMG_0792.JPG

8、器に盛り付けてもいいし、そのまま食卓に並べ、からし醤油などをつけていただく。

《ポイント》

からし醤油以外にポン酢や唐辛子醤油、味噌ダレもよく合う。スープも美味しくいただくことができる。

 

《今回のレシピのポイント》

・エビを蒸し団子にアレンジした美味しいレシピです。

・ナスに加えてたっぷりの野菜と蒸せば、とてもヘルシーな料理になります。

関連記事