栄養もバッチリ!サバ缶とポテトとキムチのピリ辛味噌ダレ炒め

IMG_2328.JPG

 

「サバ缶をアレンジした料理を作りたい」「ご飯に合うおかずを作りたい」それならサバ缶とポテトとキムチでピリ辛味噌ダレ炒めを作ってみませんか。サバ缶はストックができるので、さまざまな料理に重宝します。味付けはキムチとピリ辛の味噌ダレにしました。ピリッと辛く、食欲をそそります。そのまま食べてもおいしいですし、ご飯と一緒に食べてもおいしいです。多めに作っておき、焼きそばを加えてアレンジするのもおすすめです。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約20~25分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

サバの水煮缶 1缶分

ニンジン(千切り) 1/5本分

ジャガイモ(皮をむいて1cm幅の半月切り) 大1個分

白菜キムチ(食べよく切る) 150g

玉ねぎ(薄切り) 小1個分

青ネギ(4cmの長さに切る) 適量

[ピリ辛味噌ダレ]

味噌(好みのものを用意する) 小さじ1と1/2

きび砂糖 小さじ1

清酒 50cc

粗びき唐辛子 適量

ニンニク(すりおろし) 1かけ分

[その他]

ヘンプシード 適量

太白胡麻油 適量

清酒 適量

 

  《下準備》

・サバの水煮缶の缶汁を切っておく。

・ニンジンは洗ってから皮をむき包丁で千切りにしておく。

・ジャガイモはピーラーなどで皮をむき縦半分に包丁で切り、1cm幅の半月切りにする。

・下処理したジャガイモは耐熱容器に入れ、ラップをふんわりとかけ、電子レンジ600 W で1分30秒から2分程度かけて、八分通りほど火を通す。

・白菜キムチは大きければ、食べやすい大きさに切っておく。

・玉ねぎは皮をむき、上下を切り落とし、洗ってから薄切りにしておく。

・青ネギは根を切り落とし、長さ4cmから5cm程度に切っておく。

・[ピリ辛味噌ダレ]の材料を計量し、小さめのボウルに入れておく。

・ニンニクは皮をむき、すりおろしてボウルに入れる。

 

《作り方》

IMG_2283.JPG

1、サバの水煮缶の缶汁を切ったものをボウルに入れ、清酒をふっておく。

《ポイント》

水煮缶の汁は好みでそのまま加えてもかまわない。その場合、缶からサバの水煮だけを取り出し、缶に汁を残しておき、タイミングよく加えるとよい。

IMG_2285.JPG

2、あらかじめ小さめのボウルに用意しておいた[ピリ辛味噌ダレ]をしっかりと混ぜ合わせておく

《ポイント》

[ピリ辛味噌ダレ]はダマにならないようにしっかりと混ぜ合わせること。

IMG_2289.JPG

3、フライパンに太白胡麻油を熱し、あらかじめ火を通しておいたジャガイモを入れて炒める。

《ポイント》

太白胡麻油は強火で熱するとよい。

IMG_2292.JPG

4、フライパンにニンジンの千切り、玉ねぎの薄切りを加えてさらに炒める。

《ポイント》

ニンジンと玉ねぎにしっかりと火が入るようにすること。

IMG_2304.JPG

5、1のサバの水煮を加え入れ、白菜キムチを加えてさらに炒める。

《ポイント》

白菜キムチはあまり炒め過ぎないようにすることで、キムチに含まれている栄養素を残すことができる。もしキムチの栄養素をより多く取り入れる場合、全てのキムチを炒めず、調理が終わってから別添えでキムチを加えるとよい。

IMG_2311.JPG

6、5に油がまわったら、あらかじめ用意していた[ピリ辛味噌ダレ]をまわし入れ、全体にからめる。混ぜ合わせ、器に盛り付ける。

《ポイント》

[ピリ辛味噌ダレ]が全体にからまったら味見をする。できるだけ全体が混ぜ合わせてから味見をし、味が足りなければ塩気を調整すること。調整すること。味が濃くならないようにするとよい。

IMG_2318.JPG

7、6に青ネギを入れ、ヘンプシードをかけたら完成。

《ポイント》

青ネギを入れることで、見た目の彩りがよくなる。

 

《今回のレシピのポイント》

・便利なサバ缶をアレンジした美味しいレシピです。

・サバとジャガイモとキムチの相性がよく、お酒にもぴったりです。

・サバ缶だけではなく、サンマやイワシでも代用できます。

関連記事