岡山のご当地グルメをアレンジ!スパイスたっぷりのエビ飯

IMG_4979.JPG                     

 

「今まで食べたことがないような味で家族や友人に提供したい」「普段とは違ったエビを使った料理が作ってみたい」それならご当地グルメとして知られている”えびめし”をご家庭で本格的にアレンジして作ってみてはいかがでしょうか。岡山県のご当地料理として親しまれているえびめし。その見た目は真っ黒で、初めて見た方はどんな味なのだろう?と気になる方も多いのかもしれません。ちょっと濃い目の味付けで、スパイシーな風味がたまりません。今回はスパイスを多めに入れることで、今まで食べたことのない仕上がりになりました。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約30~35分※下準備を除く (3~4人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

米(洗っておく) 1.5合分

無塩バター(炊飯用) 大さじ1

むきエビ 150~200g

[エビの下味]

塩 少々

清酒 少々

キノコ(好みのもの) 1パック

玉ねぎ(みじん切り) 1/2個分

錦糸卵(好みで用意する) 適量

サラダ油 適量

[カラメルソース]

きび砂糖 大さじ1~2

ミネラルウォーター 適量

[スパイスブラウンソース]

トマトケチャップ 50cc

中濃ソース 大さじ1強

ソース(好みで用意する) 大さじ1強

赤ワイン(白でもよい) 30cc

コンソメ(固形を砕いたもの) 1個分

ナツメグ 小さじ1/8

チリパウダー 小さじ⅛

ガーリックパウダー 少々

ガラムマサラ 少々

パプリカパウダー 少々

カルダモンパウダー 少々

クローブパウダー 少々

ブラックペッパー 少々

キビ砂糖 少々

タバスコ(好みで用意する)少々

[A]

ウスターソース 30cc

清酒 1/4カップ分

カレー粉 大さじ½

あらびき胡椒 少々

ニンニクのすりおろし 少々

ローリエ 1枚分

[その他]

バター 大さじ1~2

 

 《下準備》

・スパイスブランソースの材料を全て計量し、小さめの鍋に入れておく。沸騰させ、3~4分ほど弱火で煮ておく。

・カラメルソースの材料は小さめのフライパンに入れておく。

・むきエビは冷凍なら解凍し、流水で洗い、水気をキッチンペーパーでしっかり拭いておく。生エビの場合なら殻をむき、尻尾を取って背ワタを取ってから塩水で洗い、ザルにあげてキッチンペーパーなどしっかり拭いておく。

・エビには下味となる塩と清酒を少々まぶしておく。

・米はバターを入れてあらかじめ炊いておく。炊き上がったらしっかりとしゃもじなどでほぐしておくこと。

・キノコは食べよく切っておく。キノコは好みのものを使うとよい。

・玉ねぎは皮をむき、上下を包丁で切り落とし、みじん切りにしておく。

・錦糸卵はあらかじめ用意しておく。

・[A]の材料はすべてボウルに入れ、スパイスブラウンソースを煮た中に入れておく。

 

《作り方》

IMG_4962.JPG

1、カラメルソースのフライパンを火にかけ、カラメル状になるまで煮詰める。そしてあらかじめ用意しておいたスパイスブランソースと合わせたものを加え、再び火にかける。

《ポイント》

カラメル状態になるまで火にかけ、焦げすぎないように注意すること。

IMG_4964.JPG

2、大きめのフライパンにサラダ油と玉ねぎのみじん切りを加え、きつね色になるまで炒める。次にキノコを加え、炒める。

《ポイント》

キノコは好みのものを使うとよい。

IMG_4966.JPG

3、2のフライパンに用意しておいたエビを加え、さっと炒め、バターを落とす。

《ポイント》

エビは火を入れすぎない程度に炒めること。

IMG_4968.JPG

4、3にあらかじめバターを入れて炊いておいたご飯を加え、よく炒める。

《ポイント》

パラパラにさせると美味しく仕上げることができる。

 IMG_4972.JPG

5、4のご飯を脇に寄せ、あいたところに1のソースを入れ、水分を飛ばす。

《ポイント》

しっかりと水分を飛ばすことで、濃厚な味に仕上げることができる。

IMG_4974.JPG

6、5を木べらなどで押さえつけるように炒め、なじんだらお皿に盛りつけ、錦糸卵をのせたら完成。

《ポイント》

しっかりと炒めることで、ご当地グルメのような黒めの色合いになる。

 

《今回のレシピのポイント》

・ご当地グルメであるエビ飯をご家庭で作ることができるレシピです。

関連記事