胡麻ダレとサーモンがよく合う!とろサーモンの濃厚胡麻ダレ海鮮丼

IMG_7281.JPG

 

魚の脂がたっぷりとのっている美味しいトロ。今回はそんな“とろサーモン”を使ったレシピをご紹介します。「サーモンを使った料理がしたい」「手軽に本格的なものが食べたい」そんな方におすすめです。海鮮丼はシンプルな料理ではありますが、今回のコツは「濃厚な胡麻ダレ」。海鮮丼と言えば、シンプルに醤油やワサビでいただくことが多いですが、今回は胡麻ダレ風味にしました。あらかじめ特製の胡麻ダレを用意しておき、とろサーモンにからめます。胡麻ダレにからめることで、サーモンに程よい香りがつき、サーモンの臭みが苦手という方にもピッタリです。好みで醤油をかけてお召し上がりください。

 

所要時間約10~15分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

サーモン(刺身用) 2~3人前

[濃厚胡麻ダレ]

白練り胡麻 大さじ1

薄口醤油 大さじ1弱

きび砂糖 少々

煮切り酒 少々

白ネギ(みじん切り) 2~3センチ分

[胡麻かつおご飯]

温かいご飯 2杯分

白いり胡麻 適量

鰹節 ひとつかみ

[その他]

大根(皮をむき千切り) 1センチ分

大葉(千切り) 1~2枚

焼き海苔(炙ったものをちぎっておく) 全形1/2枚分

卵黄 2~3人分

おろしたわさび 適量

白いり胡麻 適量

熱いお茶 適量

醤油 適量

 

 《下準備》

・サーモンはサクであれば、食べやすい大きさの刺身サイズに切っておく。

・あらかじめ濃厚胡麻ダレの材料を計量し、小さめのボウルに合わせておく。煮切り酒がなければ水でもよい。

・胡麻かつおご飯の材料はボウルに入れておく。白胡麻は軽くフライパンで炒ってから入れると風味が増してなおよい。

・大根は皮をむき、包丁で千切りにし、大葉の千切りと合わせておく。

・焼き海苔は直火で炙り、軽く手でちぎっておく 。

・卵は黄身だけにしておく。白身も入れてもかまわない。

・熱いお茶は好みのものをタイミングよく沸かしておき、薬味は好みのものを揃えておく。

 

《作り方》

IMG_7263.JPG

1、胡麻かつおご飯をしゃもじでざっくりと混ぜ、器に盛り付ける。器に盛り付けたら焼き海苔をまぶしておく。

《ポイント》

今回は胡麻とかつおを合わせたご飯にしました。ご飯は酢飯にしてもよく合います。かつお節の量は好みで増減するとよい。焼き海苔はご飯にかけてもいいですし、最後の仕上げにサーモンにまぶしてもよく合う。

IMG_7266.JPG

2、あらかじめ用意しておいた濃厚胡麻ダレをしっかりと混ぜ合わせる。

《ポイント》

練り胡麻がダマにならないように混ぜ合わせることで、サーモンによく味がなじむ。煮切り酒を用意することで、魚の臭みを抑えることができる。なければ水でもよい。

IMG_7269.JPG

3、2の濃厚胡麻ダレをサーモンに一切れずつしっかりと絡めて、ご飯の上に盛り付ける。

《ポイント》

サーモンは刺身になっているものを選ぶと調理がはかどる。一切れずつ丁寧にからめるのが美味しく仕上げるコツ。もしすべてのサーモンをボウルに入れて作る場合、盛り付ける前にしっかりと胡麻ダレをからめておくとよい。

IMG_7277.JPG

4、3に大根と大葉の千切りをのせ、好みで卵黄、おろしわさび、白胡麻をのせたら完成。好みで醤油を適量かける。最後は熱いお茶をかけお茶漬けにしてもよい。

《ポイント》

まずはそのまま食べていただき、少しずつ醤油をかけて召し上がるとよい。海鮮丼は半分ほど食べ、熱いお茶をあらかじめ用意しておき、最後にお茶漬けにすると絶品。お茶は緑茶やほうじ茶にしてもよく合う。

 

《今回のレシピのポイント》

・濃厚な胡麻ダレとサーモンの相性がいいレシピです。

・黄身を用意する場合、海鮮丼の中央部分に少しだけくぼみを作っておき、そのくぼんだところに黄身を落とすと黄身が崩れずに盛り付けることができます。

・サーモン以外にも鯛などの白身魚もよく合います。

関連記事