パーティ料理の主役に!赤カレイのクリーム煮込み-イクラとチャービルを添えて-

IMG_7574.JPG

 

肌寒くなった季節におすすめなのが、白身魚を使った煮込み料理。今回の主役は赤カレイ。赤カレイは高たんぱくな高級魚。秋から冬が旬の魚で、子持ちカレイだと喜ばれます。そんな赤カレイを使ったクリーム煮を紹介したいと思います。「クリスマスや年末年始などの行事に華やかな料理を用意したい」「メインディッシュになる魚料理を作りたい」そんな方におすすめです。赤カレイは煮付けなどにすることが多いですが、せっかくの高級魚だからこそ、リッチな料理にしてみてはいかがでしょうか。赤カレイのクリーム煮は、そのまま食べても美味しいですし、シンプルなパスタやバケットなどにもよく合います。仕上げにイクラとチャービルを添えることで、見た目の彩りもよくなります。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約30~35分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

赤カレイ 2切れ

イクラ(好みで用意する) 大さじ2~3

 [下味]

清酒 少々

塩 少々

胡椒 少々

[A]

ニンニク(みじん切り) 小1かけ分

玉ねぎ(みじん切り) 小1/2個分

[B]

バター(無塩発酵) 大さじ2~

薄力粉 大さじ2

浄水 200cc~250cc

牛乳 150cc~200cc

清酒 100cc~120cc

コンソメ 1粒

オリーブ油 大さじ1弱

ブロッコリー(小房に分けて茹でたもの) 1/4個分

キノコ(薄切り) 1~2個分

レンコン(薄切り) 50~60g

チャービル(好みで用意する) 適量

[その他]

塩 適量

胡椒 少々

 

《下準備》

・ブロッコリーは小房に分け、塩少々を加えて茹でておく。

・[B]の発酵バターは常温に戻し、小さめのボウルに入れて薄力粉と混ぜ合わせておく。

・赤カレイは流水で洗い、キッチンペーパーなどで水気をふき、[下味]をふっておく。

・[A]のニンニクと玉ねぎは包丁でみじん切りにしておく。

・チャービルはぬるま湯で洗って水気を切っておく。チャービルのかわりに刻んだパセリやバジルを用意してもよい。

・キノコは軸をおとし、薄切りにしておく。

・レンコンは皮をむいて薄切りにしておく。

・コンソメは固形の場合、あらかじめ砕いておく。

 

《作り方》

IMG_7546.JPG

1、フライパンに油を入れて熱し、あらかじめ用意しておいた[A]のニンニクのみじん切り、玉ねぎを炒める。

《ポイント》

ニンニクは焦げやすいので、焦げないように注意すること。焦げそうであれば、浄水を少々加えてもよい。

IMG_7549.JPG

2、1に浄水と清酒を加え、赤カレイを入れ、弱火で5~6分煮る。

《ポイント》

煮ている間、水分が蒸発し、水分が少なすぎる場合、適度なタイミングで浄水を足すとよい。

IMG_7553.JPG

3、2にレンコン、キノコも加え、牛乳、コンソメを加え入れ、蓋をして3~4分煮る。

《ポイント》

キノコはシイタケやマッシュルーム、エリンギなどがよく合う。好みで複数のキノコを合わせてもよい。

 IMG_7566.JPG

4、3にあらかじめ合わせておいた[B]を加え、塩と胡椒で調味する。ブロッコリーを添え、器に盛り付け、イクラやチャービルを添えたら完成。

《ポイント》

塩を加える前に味見をし、塩加減を確認してから調味すると失敗しにくくなる。胡椒の量は好みに合わせて増減すること。イクラやチャービルは、そのままフライパンに盛り付けてもいいし、一つひとつの皿に取り分けてから盛り付けてもかまわない。

 

《今回のレシピのポイント》

・クリスマスや年末年始のおもてなし料理にピッタリです。

・たっぷりのクリームを用意すれば、バケットなどに付けて食べることができます。白ワインとの相性もよく、ホームパーティにも最適な料理です。

・まずはそのまま具だけ食べてから、茹でたてのパスタをソースに加え、クリームパスタにしてもよく合います。その場合、クリームが足りなければ牛乳を足すなどして調整してください。

関連記事