本格イタリアンでおもてなし!カツオのなまり節とモッツアレラのアラビアータ

IMG_7899.JPG

 

モチモチの食感がたまらない、平打ちパスタのタリアテッレ。イタリア語で、「tagliare(タッリアーレ)」の「カットする」が語源とされているとか。そんなタリアテッレに、カツオのなまり節を加えました。今回はピリッと辛くて美味しいアラビアータのレシピをご紹介します。「タリアテッレを作ってみたい」「和風のイタリアンを食べたい」そんな方におススメです。難しそうに見えますが、意外と手軽に本格的なイタリアンを作ることができます。モッツァレラチーズや唐辛子の量を調整すれば、さらに好みのパスタに仕上げることができるでしょう。多めに作っておけば、おもてなし料理にもピッタリです。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約25~30分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

カツオのなまり節(粗めにほぐす) 100~140g

パスタ(タリアテッレ) 2人前

[A]

オリーブ油 100CC

ニンニク(皮をむいて角切り) 2かけ分

赤唐辛子(種を取り除く) 適量

トマトの水煮缶 400g

ローリエ 1枚分

パセリの茎(あれば用意する) 1~2本分

スープの素(あれば用意する) 1個分

ドライハーブ(あれば用意する) 適量

白ワイン 50CC

モッツァレラチーズ 1パック分

パセリ(みじん切り) 適量

[B]

醤油 小さじ1~2

キビ砂糖 小さじ1/2~1

[その他]

塩 適宜適量

胡椒 適宜適量

シナモン 小さじ1/3~

 

 《下準備》

・たっぷりの湯を沸かし、大さじ2の塩を入れてパスタをタイミングよく茹でておく。

・カツオのなまり節は粗めにほぐしておく。

・トマトの水煮缶はホールタイプであればほぐしておく。

・[A]のニンニクは皮をむき、芯を取り除き、角切りにしておく。

・赤唐辛子は種を取り除いておく。

・モッツァレラチーズは袋の水を捨てておく。

・パセリは洗ってからしっかりと水気を切り、包丁で粗めに刻んでおく。パセリの茎はトマト缶を加えたときに入れるとよい。

 

《作り方》

IMG_7878.JPG

1、フライパンに[A]のオリーブ油とニンニクを入れて弱火にかける。

《ポイント》

ニンニクを角切りにすることで、ニンニクの食感や味わいをしっかりと活かすことができる。赤唐辛子の量は1~2本、ピリ辛にする場合、3~5本ほど多めに入れてもよい。

IMG_7879.JPG

2、フライパンをかたむけながらニンニクが色づくまで炒め、赤唐辛子を加える。カツオのなまり節を入れ、さっと炒めたら白ワインをふる。

《ポイント》

カツオのなまり節は火を入れすぎない程度でかまわない。もし加熱用のカツオの策などを使う場合、あらかじめ加熱してほぐしたものを用意して代用してもよい。

IMG_7882.JPG

3、2にトマトの水煮缶、ローリエ、パセリの茎、好みでドライハーブやシナモン、[B]を加える。中強火で15~20分ほど煮る。水気が足りなければ水を足す。

《ポイント》

ローリエやパセリの茎、ハーブなどを加えることで、風味がよくなる。特に魚料理の臭みを消す場合、ハーブを活用するとよい。

IMG_7887.JPG

4、3にタイミングよく茹で上げたパスタを加え入れ、30~40秒ほど混ぜ、しっかりとからめる。

《ポイント》

パスタにしっかりと味がなじむようにからめること。水気が足りなければゆで汁を足してもよい。

IMG_7890.JPG

5、4にモッツァレラチーズを入れ、チーズが少し溶ける程度まで火が入ったら器に盛り付ける。パセリをちらしたら完成。好みで塩や胡椒で調味する。

《ポイント》

モッツァレラチーズが溶けすぎないようにすること。塩加減は盛り付けてから好みの量で調整するとよい。辛みを足す場合、タバスコなどを用意してもよく合う。

 

《今回のレシピのポイント》

・カツオのなまり節をイタリアンに活用したレシピです。

・切り分けたバケットなどを用意してもよく合います。

関連記事