ご飯がとまらない美味しさ!アサリとアスパラガスとキャベツの中華丼風

80bf27306de657c8c18b270e55061964.jpg

 

「アサリをたっぷりと楽しみたい」「ご飯に合う料理を用意したい」そんな方におすすめなのが、アサリとアスパラガスとキャベツの中華丼風。中華丼は中華料理の定番で、幅広い世代から人気のあるメニューです。今回はお肉のかわりにたっぷりのアサリを入れました。アサリに加え、キャベツ、アスパラガス、玉ねぎも加えることで、ボリュームもアップします。貝の出汁で作る中華丼の具材は絶品です。中華丼が好きな友人やご家族にも喜んでいただけるでしょう。どんぶりにご飯を盛り付けてもいいですし、揚げそばにかけてもよく合います。もちろん、中華丼のあんかけだけを食べても美味しいです。好みで酢やソース、ラー油などをかけてもよく合います。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約15~20分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

アサリ(砂出し済) 150~180g

春キャベツ(ざく切り) 100~120g

アスパラガス(斜め切り) 4~5本分

新玉ねぎ(くし形切り) 1/8玉分

ご飯(炊きたて) どんぶり2~3杯分

白胡麻 適量

焼き海苔(ちぎったもの) 適量

胡麻油(仕上げ用) 大さじ1弱

[A]

胡麻油 小さじ1/2~1

赤唐辛子(種を抜く) 1/4本分

[B]

昆布出汁 150~200cc

清酒 大さじ1~1と1/2

[調味料]

醤油 小さじ2/3~

生姜パウダー 適量

[水溶き片栗粉]

片栗粉 大さじ1/2

水 大さじ1/2

[その他]

生姜(すりおろし) 適量

米酢(好みで用意する) 適量

からし(好みで用意する) 適量

ウスターソース(好みで用意する) 適量

ラー油(好みで用意する) 適量

《下準備》

・500ccの水に大さじ1の塩を入れ、バットなどに入れておく。

・春キャベツは芯を切り、ざく切りにしておく。

・アスパラガスは茎のかたい部分はピーラーで皮をむき、食べやすいサイズに斜め切りにしておく。かためのアスパラガスであれば、根元側を切り落とし、ピーラーなどで根元側の皮を少しだけむいておく。

・新玉ねぎは皮をむき、上下を切り落とし、くし形切りにしておく。

・ご飯はタイミングをみて炊きたてを用意しておく。

・焼き海苔はかるく炙ってからちぎっておき、小さめの器に入れておく。

・[A] の赤唐辛子は種を抜いておく。

・[A]の材料はフライパンに入れておく。

・[水溶き片栗粉]は小さめの器などに用意しておく。

・[その他]の生姜は皮をこそげ取り、すりおろしにしておく。

 

《作り方》

557067619c798f4b28c2a45bb74be90c.jpg

1、[A]が入ったフライパンを火にかけ、アサリとキャベツを炒める。

《ポイント》

アサリを炒める際、アサリの殻が割れてしまわないように気を付けること。キャベツがなければ、白菜やチンゲン菜でも代用できる。

b3d1b06845c845c867ddab1a80e90045.jpg

2、1にアスパラガス、玉ねぎを加え、[B]を注ぎ入れる。煮立ったら火を弱め、2~3分蒸し煮にする。

《ポイント》

蒸し煮にする時間はだいたい2~3分だが、アサリの状態をみながら調整するとよい。太めのアスパラガスであれば、蒸し煮にする時間を長くすること。

8f0e5c1d576978e31fdb0c0985411649.jpg

3、アサリの口が開いたら[調味料]を入れ、あらかじめ用意しておいた[水溶き片栗粉]でとろみを付ける。ご飯の上にかけたら完成。生姜のすりおろしなどをのせていただく。

《ポイント》

[調味料]を加え入れ、味をみて足りなければ塩で調整する。[水溶き片栗粉]を加える際、火を止めてから加え入れると失敗しにくくなる。[水溶き片栗粉]はダマになりやすいので、加え入れたら手早く全体を混ぜ合わせること。どんぶりにご飯を入れ、炙った海苔を入れると美味しくなる。

 

《今回のレシピのポイント》

・アサリを中華丼風にアレンジした料理です。

・ご飯や揚げそばにもよく合います。

・生姜のすりおろし、米酢、からし、ウスターソース、ラー油を好みで用意するとよく合います。

関連記事