ポルトガル料理にチャレンジ!豚バラ肉のアレンテージョ

ポルトガル料理にチャレンジ!豚バラ肉のアレンテージョ

12ce347667ac32529b9d98a4b601420e.jpg

 

ポルトガルの郷土料理として知られるアレンテージョ。ポルトガルには7つに地方が分かれていて、その一つがアレンテージョと呼ばれています。アレンテージョでは畜産も盛んで、魚介類も豊富だとか。海と山の幸を組み合わせた料理を“アレンテージョ”と名付けています。「海外料理を作ってみたい」「新しい料理にチャレンジしてみたい」そんな方におすすめです。ポイントは豚肉の下ごしらえ。下味を付けた豚肉を炒め、アサリも加えます。豚肉とアサリの旨みが合わさり、深みのある味わいがたまりません。白ワインや赤ワインとも相性がいいので、パーティやおもてなし料理にも喜ばれます。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約30~35分※下準備を除く (3~4人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

アサリ(砂抜きしたもの) 150~200g

豚バラブロック肉(一口大に切る) 350~400g

トマト(1㎝角) 小1個分

コリアンダー(粗刻み) 1/3袋

マッシュルーム(2~4つ割) 小1パック

セロリ(粗刻み) 5㎝分

[A]

赤パプリカ(すりおろし) 大1/2個分

ニンニク(すりおろし) 大1かけ分

塩 小さじ1/2~

白ワイン 大さじ2

パプリカパウダー 小さじ1/2

チリパウダー 適量

白胡椒 少々

オリーブ油 30~40cc

[B]

オリーブ油 適量

玉ねぎ(粗みじん切り) 50g

[C]

ジャガイモ(一口大) 大1個分

揚げ油 適量

[その他]

オリーブ油 適量

レモン(スライスしていちょう切り) 適量

塩 適量

胡椒 適量

タバスコ 適量

 

 《下準備》

・500mlの水に対し、大さじ1の塩を混ぜたものを用意し、バットなどにアサリを広げ、塩水を注ぐ。冷暗所で2~3時間おき、砂出しをする。砂出しをしたアサリは、流水で流しながら殻と殻をこすり合わせ、汚れをしっかりと落とし、ザルにあげて水切りをしておく。

・豚バラブロック肉は一口大に切っておく。

・トマトはヘタを切り落とし、1㎝角に切っておく。

・コリアンダーは粗刻みにしておく。

・マッシュルームは汚れをふき取り、2~4つにスライスしておく。

・セロリは5㎝分を粗刻みしておく。

・[A]の赤パプリカはヘタを切り落とし、すりおろしにしておく。

・[A]のニンニクは皮をむいて芯を取り除き、すりおろしにしておく。

・[B]の玉ねぎは皮をむいて上下を切り落とし、粗みじん切りにし、オリーブ油を熱して炒めておく。

・[C]のジャガイモは一口大に切って揚げ油で揚げておく。

・レモンはスライスし、いちょう切りにしておく。

 

《作り方》

b91aef3474f8ade6fa2e5900f7773e0f.jpg

1、豚バラ肉をボウルに入れ、[A]を加え入れ、ラップをして1日寝かせる。

《ポイント》

[A]に必要な材料はフードプロセッサーに入れて作ってもよい。[A]にしっかりと漬け込むことで、料理の仕上がりに差が出る。辛みを出す場合はチリペッパーの量で調整し、チリペッパーがなければ唐辛子でも代用できる。

99f1b2255775eeaa4198db6ed0eeb051.jpg

2、フライパンにオリーブ油を熱し、中強火にし、1で漬け込んだ豚肉を入れて炒める。

《ポイント》

オリーブ油で揚げ焼きにするように炒めること。ほんのり焦げ目がつく程度にすると美味しく仕上がる。

69ea57129aa9961c61293606c244d99a.jpg

3、砂抜きしておいたアサリを加え入れて蓋をし、口が開いたら炒めた玉ねぎ、トマト、マッシュルーム、セロリを加え入れる。

《ポイント》

マッシュルームがなければ椎茸やエリンギでも代用できる。

8b6242f667264a84e7ca62bbbd6f3a74.jpg

4、揚げたジャガイモを加え入れ、味をみて足りなければ、塩胡椒で調味する。コリアンダー、スライスしたレモンをのせれば完成。

《ポイント》

タバスコは好みに合わせて加えるとよい。レモンは仕上げに添えてもよいし、あらかじめ絞っておいてもかまわない。

 

《今回のレシピのポイント》

・チリペッパーやタバスコは好みに合わせて加えてください。

・塩加減はかならず味を見て調整しましょう。

・茹でたパスタを添えてもよく合います。

関連記事