ちょっとお洒落に! ホームパーティーに役立つ蟹メニュー

クリスマスパーティーに忘年会、年が明ければ新年会。素敵なお店に集合するのもよいけれど、大切な人たちとゆっくり過ごしたい年末年始の集まりには、時間を気にせず過ごせるホームパーティーがぴったり。でも、ホームパーティーとなると、課題になるのがお料理ですよね。主催者が腕をふるう? 持ち寄りにするか? 招く側になったときも、招かれる側になったときにも、知っておくと役立つこと間違いなしの蟹料理ご紹介します。

美味しい蟹があれば、きっと華やかなホームパーティーになりますよ。どちらも事前に作っておけるので、サーブするときには冷蔵庫から出して盛り付けるだけ。持ち寄りパーティーに招かれた場合にもOKです。

蟹とブロッコリーのムース仕立て〜

まずは、蟹とブロッコリーを2層のムース仕立てにしたお洒落な一皿です。ムースの部分は、足の細い部分や爪の先などの身も無駄なく使えて経済的なのに、まるでスイーツのようにテーブルをパッと華やかにしてくれます。前菜をサーブしたときに「わぁ!」と声が上がったら、その日のパーティーは成功したも同然! 女性が多いパーティーにおすすめです。

材料(3〜4人分)

(ブロッコリーの層)

  • ブロッコリー 50g
  • 生クリーム 大さじ1
  • コンソメスープ 100cc
  • 粉ゼラチン 3g
  • 塩、胡椒 少々

(蟹の層)

  • ズワイ蟹 50g+飾り用の蟹爪人数分(ボイルならそのまま、生ならサッとボイルして氷水で締める)
  • はんぺん 1/2枚
  • 生クリーム 50cc
  • 塩、胡椒 少々

(ジュレ)

  • 粉ゼラチン3g

(飾り)

  • (あれば)蟹爪 人数分
  • チャービルやベビーリーフなどのグリーン 適量

作り方

  1. ブロッコリーは適当な大きさにカットして柔らかめに茹で、粉ゼラチンは水でふやかしておきます。
  2. 小鍋でコンソメスープをあたため、ふやかしておいた粉ゼラチンを溶かします。
  3. 2とブロッコリー、生クリーム、塩、胡椒をフードプロセッサーに入れ、なめらかになるまで撹拌します。
  4. 3を小鍋に戻し、鍋底を冷水で冷やしながらかき混ぜ、とろみが出るまで冷えたら、型の約3分の1の高さまで流し入れます。冷蔵庫で冷やし固めます。
  5. 4を冷やし固めている間に蟹の層を準備します。蟹の身と生クリーム、はんぺん、塩、胡椒をフードプロセッサーにかけ、撹拌します。(ペースト状になれば、蟹の粒が残っていても大丈夫です)
  6. 4が固まったら型から抜き、スプーンや絞り金で5をのせます。
  7. 蟹爪やコンソメのジュレ、チャービルやベビーリーフなどのグリーンで飾ったら完成です!

蟹の層は、はんぺんを使うことで、新たな加熱や冷やし固める手間を省きました。簡単にふんわりと仕上がるだけでなく、白身魚の旨味と塩分も加わるので、味も決まりやすくなります。
今回は持ち運びもしやすいようにガラス製のカップを使って作りましたが、セルクルを使ったり、バットに流して型で抜いてもフレンチのようで素敵ですよ。コンソメで作ったジュレやイクラをトッピングしても、キラキラとしてキレイですね。

04_1.JPG

 

焼き蟹と焼きネギのマリネ

次にご紹介するのは、焼くことで旨味と甘みを引き出した蟹とネギのシンプルなマリネ。大人数でのホームパーティーにはもちろん、大切な人と2人でゆっくりとシャンパンや白ワインを飲むときにもぴったりな、ちょっぴり大人な一皿です。
たくさん作って大皿に盛っても、長さのあるお皿にすっきりと一人分ずつ盛ってもキレイですよ。

材料(2人分)

  • ズワイ蟹 太めの足2本(ボイルでも生でもOK)
  • 長ネギ 蟹の長さと揃えてカットしたもの2本(ネギの大きさによってお好みで調節してください)
  • 白ワインビネガー 大さじ1
  • EXオリーブオイル 大さじ1 
  • はちみつ(またはアガペシロップ) 小さじ1
  • 塩、ブラックペッパー、ガーリックパウダー(にんにくのすりおろしでもOK) 少々
  • (あれば)ディルなどのフレッシュハーブ 少々

作り方

  1. 白ワインビネガー、オリーブオイル、はにみつ、塩、ブラックペッパー、ガーリックパウダーを合わせ、あればディルなどのフレッシュハーブを小さくちぎって加えてマリネ液を作っておく。
  2. ボイルした蟹ならフライパンかトースターで軽くあぶり、生ならしっかりと焼き蟹にし、熱いうちに殻ごとマリネ液に漬けます。
  3. フライパンにネギを並べ、弱火で4面を焼きます。あまり動かさず、1面が焼けたら裏返し、また焼けたら側面を下にして、じっくりと焼いてください。全ての面が焼けたら熱いうちにマリネ液に漬けます。
  4. 冷蔵庫に入れて、味がなじむまで冷やします。お皿に盛ったらディルなどのハーブを飾り、ブラックペッパーをガリガリと挽いたら完成です!

ネギの細さや長さは、蟹にサイズに合わせるとキレイです。お皿に盛ったら、サーブする直前に残ったマリネ液もたっぷりとまわしかけましょう。蟹の表面がしっとりと潤うだけでなく、蟹とネギの旨味が染み出たスープにパンをつければ、立派なおつまみに。さらにワインも進みます。
また、白ワインビネガーの代わりに米酢を、オリーブオイルの代わりにグレープシードオイルを使い、ちょっぴり薄口醤油を加えれば、日本酒に合うおつまみに変身しますよ。

04_2.JPG

 自宅で蟹を食べ尽くしているゲストにも、きっと新鮮に感じていただけるアレンジレシピ。いかがでしたでしょうか。どちらも焦らず丁寧に作れば特別な技術はいりませんので、ぜひ試してみてくださいね。美味しいシャンパンと白ワインをキリリと冷やしておくことをお忘れなく!

 

関連記事