涼感を誘う!魚介の風味を楽しむ、夏の涼しい一品

暑い夏。食べる気がしなくて、げんなりしてしまうこともしばしばですが、やはり食べないと、暑さに耐えられません。

そのような時こそ、あっさりした魚介類の出番です。口当たりがよくかつ栄養も豊富な魚介は、食欲がすすまない暑い夏にはぴったりの食材です。

魚介を使った、涼しげで食欲を誘う夏のレシピをご紹介したいと思います。

夏におすすめ、魚介のさわやかレシピ

つるっとしたのどごしとピリ辛味に食がすすむ、とろろ汁のいかめんたいのせ

材料(4人分)

  • 刺身用いか 1尾
  • めんたいこ 1本
  • 酒 少々
  • 長いも 20㎝
  • だし汁 200㏄
  • しょうゆ、みりん 適量
  • 大葉 4枚
  1. いかを細切りにします。
  2. めんたいこの皮をやぶり、とりだした中身を酒でといて、いかとあえます。
  3. 長いもは洗って皮をむき、すりおろします。
  4. しょうゆ、みりんで味をととのえただし汁で、3をのばします。
  5. 4でできたとろろ汁の上に大葉をのせ、いかめんたいをもりつけます。

※透明なガラスの器のほかに、黒い器でも、お料理が美しく涼しげに見えます。

涼感たっぷり、かにと枝豆のゼリーよせ

材料(4人分)

  • ゼラチン 5g
  • うす口だし 200㏄
  • 酒、しょうゆ、塩 適量
  • かにのむき身 適量
  • 枝豆 20粒
  1. ゼラチンを、水でふやかします。
  2. うす口のだしと酒少々を沸騰させ、しょうゆ、塩で味をととのえます。
  3. 火からおろし、ゼラチンをまぜます。
  4. 荒熱がとれたら、かにのむき身とゆがいた枝豆を入れ、お好きな器で冷蔵庫で冷やし固めます。

※かにのかわりにうにやえびなど、お好きな魚介類をいれてもおいしくいただけます。

夏の定番をちょっとぜいたくに、ごちそう鯛そうめん

材料(4人分)

  • 鯛の切り身 4切れ
  • 塩、しょうゆ、みりん、酒 適量
  • だし汁 1l
  • そうめん 2束
  • おくら 4本
  • しょうが 1かけ
  • お好みの薬味 適量
  1. 鯛の切り身を、塩焼きにします。
  2. しょうゆ、みりん、酒で味をととのえただし汁で、鯛を軽く煮ます。
  3. 鯛をとりだし、残りのだし汁は冷やします。
  4. そうめんをゆでて冷やし、一人前ずつ器にもります。
  5. 鯛と、小口切りにしたおくら、おろしたしょうが、ごま、細切りのみょうがなどの薬味をのせ、冷やしておいただし汁をかけます。

※卵をうすく焼いて細く切った、錦糸卵をそえてもきれいです。

ちょっとエスニックに、あじのたたきのコチュジャン風味

材料(4人分)

  • あじ 4尾
  • しょうが 1かけ
  • コチュジャン 少々
  • 砂糖、しょうゆ 適量
  • 大根 20㎝
  • 青じそ 4枚
  1. あじの刺身を細めに切ります。
  2. しょうが汁、コチュジャン、砂糖、しょうゆを混ぜながら、まな板の上でたたきます。
  3. 大根を4等分し、ほそ切りにして器にもりつけます。
  4. 大根の上に青じそをのせ、あじのたたきをこんもりと盛りつけます。

冷やしておいしい、じゅんさいとうにの冷製茶わん蒸し

材料(4人分)

  • だし汁 600㏄
  • 酒、しょうゆ、みりん 適量
  • 卵 4個
  • うに 4粒
  • じゅんさい 適量
  1. だし汁をあたため、酒、しょうゆ、みりんで味をととのえます。
  2. 卵をといて、1にまぜます。
  3. 1人前ずつ器に入れ、蒸し器で15分ほど蒸します。
  4. あら熱がとれたら、冷蔵庫で冷やします。
  5. 固まったら、うに、じゅんさいを上にのせ、いただきます。

一口食べられれば、しめたもの!あとは、食欲がついてきます。つめたく冷やした器や、青々とした旬の野菜で、涼しげなテーブルを演出してみましょう。


参考:

関連記事