食卓を彩る料理を!イワシ明太子の野菜とチーズたっぷりのスキレット焼き

IMG_7178.JPG                     

「手軽にオシャレな料理を作りたい」「野菜や魚を毎日の食事に取り入れたい」それならスキレットを使った料理にチャレンジしてみませんか。スキレットとは鋳鉄製で、厚手のフライパンです。調理後、そのままテーブルに並べることができます。野菜をたっぷりと用意し、イワシをのせてこんがりとオーブンで焼きましょう。イワシ明太子を手作りし、野菜をたっぷりとのせて焼き、素敵な食卓を演出してみては。

 

所要時間約35分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

イワシ 2尾

塩 少々

明太子(ますよねの辛子明太子) 50~60g

清酒 大さじ2/3

 

[野菜]

大根(乱切り) 2~3センチ

ブロッコリー(小房) 小1/2

ジャガイモ(一口大にカット) 1個

ニンジン(輪切り) 1/2本分

 

粉チーズ 適量

太白胡麻油 30cc

塩 小さじ1/4~

日本酒 大さじ1

ハーブソルト 適量

黒コショウ 少々

 

《下準備》

・大根は皮をむき、乱切りにしておく。

・ブロッコリーは流水で洗い、食べやすいサイズにしておく。

・ジャガイモは皮をむき、一口大にカットする。

・ニンジンは皮をむき、輪切りにしておく。

・野菜を下茹でするためのお湯を用意しておく。

 

《作り方》

IMG_7056.JPG

1、イワシは洗ってから水気を取り、塩を腹部分にふり、清酒をふる。

《ポイント》

イワシに塩と清酒をふることで、青魚特有の臭みを抑えることができる。水気はあらかじめキッチンペーパーなどでふき取っておくこと。

IMG_7081.JPG

2、1のイワシの腹に明太子をつめる。

《ポイント》

イワシの切り口の大きさに合わせたサイズの明太子を用意するとよい。辛いのが苦手な方はタラコでも代用できる。イワシ明太子にすれば、そのまま冷凍保存し、ストックすることもできる。

image004.jpg

3、大根、ニンジン、ジャガイモをあらかじめ沸騰させておいたお湯に入れ、下茹でする。

《ポイント》

はじめに下茹でする野菜は大根、ニンジン、ジャガイモで、火が通りにくい素材のものから茹でていく。

IMG_7111.JPG

4、茹でた野菜に7割ほど火が通ったら鍋から取り出し、ザルに上げる。

《ポイント》

あらかじめ下茹ですることで、スキレットで焼いて食べるときに食べやすくなる。茹ですぎてしまうと崩れてしまうので、茹ですぎないように注意すること。

IMG_7090.JPG

5、続いてブロッコリーも加え、さっと湯通ししてザルにあげる。

《ポイント》

ブロッコリーは火が通りやすいので、あまり茹ですぎないこと。

IMG_7113.JPG

6、茹でた野菜をボウルに入れ、塩と太白胡麻油で和える。

《ポイント》

茹でた野菜に下味をつけることで、美味しく仕上げることができる。太白胡麻油で和えることで、風味がよくなる。

IMG_7116.JPG

7、6で下茹でした野菜をスキレットなどにのせる。

《ポイント》

スキレットに野菜をのせるとき、色味のバランスを考えてのせるとキレイに仕上げることができる。

IMG_7122.JPG

8、さきほど用意しておいたイワシ明太子をのせ、日本酒をふり、ハーブソルト、粉チーズをふる。

《ポイント》

ハーブソルトをふることで、青魚が苦手という方でも青臭さを感じることのない料理に仕上がり、焼きあがるとハーブソルトの香りが漂い、食欲がそそられる。ふりかける粉チーズの量は好みで増減するとよい。

image010.jpg

9、あらかじめ200度に予熱しておいたオーブンで15分ほど焼く。

《ポイント》

だいたい15分程度焼けばこんがりと焼きあがる。ご家庭の調理器具に合わせて時間を調整すること。オーブントースターを使って焼いてもよいが、焦げやすくなるため、アルミホイルをかぶせて調節するとよい。

 

《今回のレシピのポイント》

・イワシの臭みが苦手な方でも美味しくいただくことができるレシピです。

・イワシと明太子の相性がよく、こんがりと焼くと美味しくなります。

・今回用意した野菜は大根、ニンジン、ジャガイモ、ブロッコリーですが、季節の野菜を取り入れてもよいでしょう。色んな野菜でアレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事