本格カレーにチャレンジ!エビのトマトクリームカレー

IMG_7402.JPG

「エビを使った料理にチャレンジしたい」「手作りで美味しいカレーを作りたい」それならエビのトマトクリームカレーを作ってみませんか。シンプルになりがちなカレーですが、バターやクリームを加え、エビを使うと深みのある味わいに仕上がります。エビの殻を出汁に使うのが美味しく作るポイントです。ご飯は白ご飯ではなく、甘長唐辛子のバターライスにしました。見た目もオシャレになりますよね。具材のエビはプリプリで、クリーミーなルーとの組み合わせがたまりません。あまり長時間、煮込む必要がないので、時間が無いときにもおすすめです。ぜひ試してみてくださいね。

 

所要時間約20分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

エビ(殻付き) 4~5匹

 

[A]

エビの殻 適量

水 150cc

 

[B]

玉ねぎ(すりおろし) 小1個

ニンニク(すりおろし) 1かけ分

ショウガ(すりおろし) 1かけ分

 

カレー粉 大さじ2

生クリーム 100cc

発酵バター 25g~

トマトの水煮缶 200g

塩 小さじ1

キビ砂糖 大さじ1/2

 

[甘長唐辛子のバターライス]

ご飯 360g

発酵バター 大さじ1.5

甘長唐辛子(カットしておく) 適量

 

《下準備》

・エビは流水で洗ってから殻を剥いておく。

・玉ねぎは皮をむき、すりおろしておく。

・ニンニクは薄皮を取り、芯があれば取り除いてすりおろしておく。

・ショウガはすりおろしておく。

 

《作り方》

IMG_7348.JPG                       

1、エビを下処理し、[A]を小さめの鍋に入れて出汁を取る。

《ポイント》

エビは尾を残して殻をむき、背に切り込みを入れて背ワタを取っておく。むいた殻は出汁に使うため、小さめの鍋に入れておく。殻を出汁に使うことで、奥深い味に仕上がる。

IMG_7357.JPG

2、エビの出汁ができたら、冷ましてこしておく。

《ポイント》

キッチンペーパーなどを使って出汁をこしておくとよい。

IMG_7355.JPG

3、背開きしたエビは塩水で洗い、キッチンペーパーなどで水気をふき取っておく。

《ポイント》

エビの水気はしっかりとふき取っておく。

IMG_7360.JPG

4、3のエビをフライパンに入れ、塩、カレー粉をまぶす。

《ポイント》

ルーの辛さはお好みで調節するとよい。エビに下味をつけておくことで、さらに美味しくなる。また、カレー粉は煮込んでいる状態で加えることが多いが、ここではスパイスの香りを引き立たたせるため、このタイミングで加えている。

IMG_7364.JPG

5、4に玉ねぎのすりおろし、ニンニクのすりおろし、ショウガのすりおろしを加えて混ぜる。

《ポイント》

用意する玉ねぎ、ニンニク、ショウガは分量通りに用意し、好みによって増減するとよい。

IMG_7367.JPG

6、5に2で用意しておいたエビのガラだしを加えて混ぜる。

《ポイント》

エビのガラだしをこしておき、加えやすいように準備しておくと調理が捗る。

IMG_7369.JPG

7、6に発酵バター、トマトの水煮缶を加えて火にかける。

《ポイント》

カレーはエビに火が通れば十分で、煮込み過ぎない程度で食べることができる。ソースは好みの加減になればよい。

IMG_7377.JPG

8、7に生クリームを加えて混ぜ、味をみて足りなければ塩で調味する。

《ポイント》

生クリームは入れなくてもかまわないが、カレーの辛みを抑えたい場合は生クリームを加えることでマイルドになる。生クリームではなく、豆乳クリームでもかまわない。生クリームを加えたら火を入れすぎないように注意すること。

IMG_7353.JPG

9、フライパンにバターを入れ、ご飯と甘長唐辛子を加えて炒める。

《ポイント》

甘長唐辛子はヘタを切り落とし、種ごとカットする。甘長唐辛子は事前に甘長唐辛子に少し火が入る程度でよい。

IMG_7405.JPG

10、器にご飯を盛り付け、カレーのルーを添えたら完成。

《ポイント》

ご飯を盛り付ける際、型抜きには小さめの器を使うとキレイになる。好みでブラックペッパーをふってもよい。

 

《今回のレシピのポイント》

・エビの出汁を使うことで、エビの風味を楽しむことができます。

・野菜の甘みや酸味を生クリームでマイルドに仕上げました。

・煮込む時間は短いですが、濃厚で美味しいカレーのレシピです。

関連記事