初めてのリゾット作りにもおすすめ!ボイルエビで簡単トマトリゾット

IMG_7435.JPG

「料理は少し苦手だけど、リゾットにチャレンジしてみたい」そんな方はボイルエビを使って、手軽に作れるトマトリゾットを作ってみてはいかがでしょうか。エビはボイルエビ、トマトはトマトジュースを使うことで、料理が初心者という方でも安心です。まずは材料を分量通りに用意し、手順通りに一つ一つ進めていきましょう。慣れてきたらエビの下処理から本格的に作ってみてもいいですね。ご飯は白ご飯にしましたが、玄米にしても美味しいです。トマトのうまみをたっぷり吸ったお米は風味もよく、トマトジュースを加えることで、スープたっぷりでサラサラと食べることができますよ。ミニトマトも入れることで、見た目もよくなります。ぜひ試してみてくださいね。

 

所要時間約15分※下準備を除く (2人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

ボイルエビ 小1パック

釜揚げしらす 10g~15g

ご飯(玄米でもよい) お茶碗1杯

 

[A]

玉ねぎ(みじん切り) 小1個

ニンニク(みじん切り) 小1かけ分

オリーブ油 小さじ1

 

トマトジュース(食塩無添加) 2本

ミニトマト(半分に切る) 4~5個

 

[B]

味噌 小さじ1

醤油 小さじ1/2

キビ砂糖 少々

 

卵 適量

海苔(焼き海苔、全形) 適量

パセルやバジル 適量

※好みで用意する

 

《下準備》

・あらかじめご飯を炊いておく。

・玉ねぎはみじん切りにしておく。

・ニンニクはみじん切りにしておく。

 

《作り方》

IMG_7411.JPG                       

1、ご飯はザルに入れて流水で洗い、ぬめりを取る。

《ポイント》

ご飯は生米ではなく、すでに炊いてあるものを用意してよい。すでに炊いてあるご飯はあまり強く洗いすぎるとボロボロになってしまうため、表面のぬめりを取るようにさっと丁寧に洗うこと。

IMG_7414.JPG

2、フライパンに[A]を入れ、火が通るまで炒める。

《ポイント》

まずはニンニクの香りを引き出し、玉ねぎの色が変わるまでしっかりと炒めること。

IMG_7418.JPG

3、2にトマトジュース、釜揚げしらすを入れ、ミニトマトも加えて強火にして煮立てる。

《ポイント》

トマトジュースはストックできるため、調理に重宝する。トマトジュースは、そのまま飲んでもいいし、リゾットやスープにも使うことができる。もちろん、トマト缶を使ってもよい。塩分をカットしたい場合、釜揚げしらすは茹でるとよい。

IMG_7422.JPG

4、3が煮立ったら1のご飯を入れて火を通す。

《ポイント》

あらかじめしっかりと煮立てておくことがコツ。この時点でご飯を入れることで、ご飯にトマトの風味をとじこめる。

IMG_7424.JPG

5、4に[B]を加え、味をととのえる。味をみて足りなければ塩を加える。

《ポイント》

味噌、醤油、キビ砂糖を加えているが、調味料の量はそれぞれ好みによって増減するとよい。

IMG_7427.JPG

6、5にボイルエビを入れてさっと火を通す。

《ポイント》

ボイルエビはすでに火が通っているので、さっと火を通す程度でよい。ボイルしていないエビを使う場合、下処理をしてあらかじめ火を通しておくか、ご飯を入れる前に水分を多くして加え、火を通しておく。エビ以外にホタテやイカ、アサリやサバでも合う。

IMG_7429.JPG

7、6を器に盛り付け、卵を加え、海苔をちぎってのせ、パセリやバジルをのせたら完成。好みで粉チーズなどをふるとよい。

《ポイント》

トッピングに選んだのは、卵と海苔、パセリやバジル、粉チーズだが、好みで調整するとよい。粉チーズはとろけるチーズに、パセリやバジルは乾燥タイプでもよい。ブラックペッパーやハーブソルトを振ってもよく合う。仕上げに生食できるオリーブオイルを加えて混ぜるとコクと香りもよくなる。

 

《今回のレシピのポイント》

・初めてトマトリゾットを作るという方にもおすすめのレシピです。

・慣れてきたらボイルエビ以外にホタテやイカなどいろんな海鮮をアレンジで加えてみてもいいでしょう。

関連記事