本格中華にチャレンジ!牡蠣のピリ辛麻婆豆腐

                   

 「自宅で本格中華料理を作れるようになりたい」「牡蠣を使ったピリ辛料理を食べたい」それなら牡蠣を使ったピリ辛麻婆豆腐を作ってみてはいかがでしょうか。麻婆豆腐といえば、中華料理の人気メニューの一つですね。プリプリとした牡蠣の食感とやわらかい豆腐、ピリッと辛い味付けがクセになります。そのまま食べてもいいですし、ご飯にかけて食べても美味しいですよ。辛い料理が好きな方はぜひ試してみてください。

 

所要時間約25~30分※下準備を除く (2人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

牡蠣(加熱用) 1パック

 

木綿豆腐(3センチ角切り) 300g

米酢 適量

油 適量

 

[A]

太白胡麻油 大さじ2

ニンニク(みじん切り) 小1かけ

ショウガ(みじん切り) 小1かけ

白ネギ(みじん切り) 5センチ分

 

[B]

赤唐辛子(種を除いたもの) 1本

豆板醤 大さじ1/2

テンメンジャン 小さじ1~

ラー油 大さじ1

 

[C]

中華スープ 100cc

清酒 大さじ1

醤油 小さじ1

キビ砂糖 少々

 

[水溶き片栗粉]

片栗粉 大さじ1

水 大さじ1

 

[その他]

粉山椒 適量

 

《下準備》

・木綿豆腐は水気をきり、3センチの角切りにしておく。

・[A] のニンニクは皮をむいてみじん切り、ショウガをみじん切りにしておく。

・白ネギは5センチ分用意し、みじん切りにしておく。

・赤唐辛子は種を除いておく。

 

《作り方》

IMG_8557.JPG

1、牡蠣は塩水でふりあらい、水気をきってからキッチンペーパーで水気をふき取る。

《ポイント》

牡蠣の水気はしっかりときり、水気が残らないようにすると臭みを抑えることができる。牡蠣がつぶれないように注意すること。

IMG_8562.JPG

2、鍋に熱湯を沸かし、あらかじめ用意しておいた木綿豆腐を入れて茹でる。ザルにあげて水気を切っておく。

《ポイント》

豆腐が崩れないようにすること。あらかじめ3センチの角切りにしておく際、小さくなりすぎないようにすること。

IMG_8566.JPG

3、フライパンに[A]を入れて強火で熱し、香りがするまで炒める。

《ポイント》

強火でしっかりと炒め、香りがするまで炒めると香りが引き出される。

IMG_8569.JPG

4、3に[B]を加えてさらに炒める。

《ポイント》

できるだけ手早く調理を進めることができるように、調味料は分量通りに用意しておくとよい。辛めにしたい方は好みで豆板醤、ラー油を増やすとより辛く仕上がる。ただし、豆板醤の塩気には注意すること。

IMG_8570.JPG

5、香りがしてきたら1の牡蠣を並べ入れる。

《ポイント》

牡蠣は少しだけ焦げ目がつくようなイメージで調理すると美味しく作ることができる。この時点で、牡蠣に火を入れすぎないようにすること。牡蠣が小さくなりすぎる場合、牡蠣を一旦取り出してもよい。

IMG_8574.JPG

6、牡蠣に少し火が通ったら[C]を加えて強火にして、ひと煮たちする。

《ポイント》

[C]を分量通りに用意し、混ぜ合わせておいてもよい。

IMG_8577.JPG

7、6に2の豆腐の水気を切って加え入れ、火を通す。

《ポイント》

豆腐はすでに火が通っているため、かるく火を通す程度でよい。ゆっくりと混ぜれば豆腐は崩れにくい。

IMG_8579.JPG

8、7の火を止め、[水溶き片栗粉]を加えてとろみを付ける。

《ポイント》

[水溶き片栗粉]は事前によく溶いておき、フライパンに加えたら手早くとろみを付けること。火を入れすぎないようにするとよい。

IMG_8581.JPG

9、とろみが付いたら、米酢と油をまわしかけ、白ネギのみじん切りをちらす。

《ポイント》

米酢と油の量は好みで増減するとよい。

IMG_8584.JPG

10、  9を器に盛り付け、粉山椒をふったら完成。

《ポイント》

粉山椒が好きな方は多めにふるとよい。好みで一味唐辛子などを加えて辛さをアップしても美味しい。

 

《今回のレシピのポイント》

・牡蠣の旨味、豆腐のやさしい口当たりと刺激的な辛さがやみつきになります。

・できるだけ手早く調理を進めることが美味しく仕上げるコツです。

・ご飯にかけて丼ぶりにして食べても美味しいです。

関連記事