コクのある味わいがたまらない!うなぎのショートパスタ-濃厚カルボナーラ風-

IMG_9978.JPG

                 

「うなぎをアレンジしたい」「プロが作るようなパスタが食べたい」そんな方、うなぎを使ったアレンジパスタを作ってみてはいかがでしょうか。卵黄、パルメザンチーズ、生クリームを使うことで、とってもコクがあり、カルボナーラ風に仕上げました。本格的なパスタを作るコツは、材料を分量通りに用意し、丁寧に調理を進めること。ショートパスタソースにすることで、重たいソースでも軽く感じることができますよ。もちろん、ショートパスタがなければ、ご家庭にあるパスタでも代用することができます。子どもから大人まで幅広い年代の方に喜んでいただけるはず。普段とは違ったうなぎのパスタは絶品です。ぜひ試してみてくださいね。

 

所要時間約20~25分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

ますよねのうなぎ蒲焼き(カット済) 適量

キャベツ(ざく切り) 2~3枚分

ショートパスタ(全粒粉タイプ) 120g

 

[A]

オリーブオイル 適宜適量

ニンニク(みじん切り) 1かけ

赤唐辛子(種を取り除く) 1本

 

[B]

卵黄 3個分

パルメザンチーズ 30cc

塩 少々

 

生クリーム 200ml

粗びき胡椒 少々

清酒 小さじ1

 

レモンの皮(あれば好みで用意する) 少々

温泉卵(あれば好みで用意する) 2個

 

《下準備》

・うなぎが冷凍タイプであれば、解凍しておき、食べよく切っておく。刻んであるものであれば、そのままでよい。

・キャベツは洗ってから小さめのざく切りにしておく。

・卵は卵黄だけにしておき、菜箸などでしっかりと溶いておく。

・[A]のニンニクは皮をむき、芯をとってみじん切りにしておく。

・ショートパスタは湯に塩を入れてタイミングよく茹でる。

・パスタとともにざく切りにしたキャベツも茹でておく。同じ鍋で茹でる場合、パスタを茹で始めてから茹で上がる1~2分前に入れること。

 

《作り方》

IMG_9941.JPG

1、あらかじめ用意しておいたうなぎを耐熱皿に並べ、清酒をふり、500wのレンジで1分ほどかける。

《ポイント》

カット済のうなぎであれば、そのまま使ってもよい。レンジにかける時間はご家庭で持っている調理器具によって時間を調整すること。

 IMG_9947.JPG

2、フライパンにあらかじめ用意しておいた[A]を加え、香りが出るまでじっくりと炒める。

《ポイント》

ニンニクは焦げやすいので、ニンニクが焦げないように注意する。

IMG_9950.JPG

3、2に香りが出てきたらショートパスタのゆで汁を少しだけ加え、強火にして汁気を飛ばす。

《ポイント》

この時点でショートパスタのゆで汁を加えるため、ショートパスタはタイミングよく茹で始めておくこと。ゆで汁を加えたら、木べらなどでかき混ぜる。

IMG_9954.JPG

4、3に生クリームを加え、中火で半量ほどになるまで火にかける。

《ポイント》

生クリームに火をかけることで、コクを増すことができる。

IMG_9945.JPG

5、[B]の卵黄の入ったボウルにパルメザンチーズ、塩を加えてよく混ぜる。

《ポイント》

パルメザンチーズの量は好みで増減するとよい。

IMG_9966.JPG

6、4の火を止め、[B]を手早く加えて混ぜ、あらかじめタイミングよく茹で上げたショートパスタ、茹でてから水気を切ったキャベツを加えて和える。

《ポイント》

火をとめてから[B]を加えること。加えた後、できるだけ手早く混ぜるとよい。

IMG_9971.JPG

7、6に1のうなぎを加えて和え、器に盛り付ける。

《ポイント》

塩気が足りなければ、塩で調味すること。好みで山椒や粗びき胡椒をふってもよい。アクセントに柚子胡椒を加えてもよく合う。

 

《今回のレシピのポイント》

・うなぎをパスタのアクセントに使った料理です。

・好みでレモンの皮をすりおろしたものを加えても美味しいです。

・好みで温泉卵を加えるとより一層、濃厚な仕上がりになります。

・バケットを用意し、ソースをつけて食べても美味しいです。

関連記事