野菜もたっぷり!鯛とキノコと香味野菜の味噌ダレ蒸し

IMG_3035.JPG

                     

「鯛を使った料理を作りたい」「野菜をたっぷりと取り入れたものが食べたい」それなら鯛を使って、キノコと香味野菜で味噌ダレ蒸しを作ってみませんか。まずはしっかりと鯛の下処理をしましょう。鯛を中心に野菜は長芋、ニラ、青ネギ、エノキを用意します。色んな種類の野菜をたっぷりと食べることができるので、野菜をたくさん食べたいという女性はもちろん、育ち盛りのお子様にもおすすめです。耐熱皿に鯛や香味野菜をのせたらレンジで蒸します。手軽にレンジで調理ができるので、料理が苦手だという方でも安心して作ることができるはず。蒸した鯛や野菜と味噌ダレの相性は抜群です。そのまま食べてもいいですし、ご飯ともよく合います。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約20~25分※下準備を除く (1~2人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

鯛の切り身(小さめを用意する) 100~150g

長芋(皮をむいて輪切り) 3~5センチ分

ニラ(5センチの長さ) 2/3束

青ネギ(5センチの長さ) 1/6束

エノキ(軸を落とし2等分) 小1/2~

[下味]

塩 少々

清酒 少々

[特製味噌ダレ]

味噌(甘めの方がよい) 大さじ1

醤油 大さじ1

キビ砂糖  大さじ2/3

ショウガ(みじん切り) 小さじ1

白ネギ(みじん切り) 小さじ1

 

[その他]

酢(長芋の酢水用) 適量

 

 《下準備》

・鯛にあらかじめ塩をまんべんなくふり、しばらく置いておき、水気が出たらキッチンペーパーなどで拭いておく。

・長芋は皮をむき、5ミリ幅の半月切りにして、酢水につけておく。アクが抜けたら水気を切っておく。

・ニラはきれいに洗ってから5センチ幅に切る。

・青ネギはきれいに洗ってからニラと同様に5センチ幅に切っておく。

・エノキは軸を切り落とし、長さを2等分に切る。

・ニラ、青ネギ、エノキはボウルに入れ混ぜ合わせておく。

・[特製味噌ダレ]の材料を小さめのボウルに全て入れておく。

 

《作り方》

IMG_3010.JPG

1、あらかじめ用意しておいた鯛をバットに並べて下味をまんべんなくふり、キッチンペーパーなどでふき取る。

《ポイント》

鯛の下処理をしっかりとすることで、鯛の臭みを取ることができる。キッチンペーパーなどで水気をふき取らないと臭みが残ってしまう恐れがある。

IMG_3014.JPG

2、[特製味噌ダレ]をゴムベラなどでしっかりと混ぜ合わせる。

《ポイント》

[特製味噌ダレ]は分量通り用意し、あらかじめ用意しておく。味噌はご家庭にあるものでいいが、できるだけ甘めの味噌を選ぶとよく合う。好みに合わせて味噌の量を増やしてもかまわない。

IMG_3019.JPG

3、耐熱皿にあらかじめ用意しておいたニラ、青ネギ、エノキをのせる。

《ポイント》

ニラや青ネギなどの香味野菜をのせることで、魚の臭みを抑えることができるキノコはエノキにしているが、シイタケやマイタケなどでも代用できるので、好みに合わせて用意するとよい。野菜はできるだけ多く用意してもよい。

IMG_3025.JPG

4、3に長芋、1の鯛をのせ、2の[特製味噌ダレ]をかける。

《ポイント》

耐熱皿にのせる野菜を増やすのであれば、[特製味噌ダレ]の量も増やすとよい。[特製味噌ダレ]に好みで粉末山椒や花山椒などを加えてもよく合う。好みで豆板醤を加えるとピリ辛の味噌ダレになる。

IMG_3027.JPG

5、ラップをかけ、レンジを500Wにして6分ほどレンジで蒸したら完成。

《ポイント》

レンジの蒸し時間はご家庭にある調理器具によって異なるので、蒸し具合をみながら時間を調整すること。蒸し時間が足りなければ、蒸し時間を増やすとよい。

 

《今回のレシピのポイント》

・鯛と野菜をたっぷりと使った栄養満点の料理です。

・レンジで蒸すので、調理が苦手という方でも安心してチャレンジできます。

・鯛の風味と香味野菜、味噌ダレの相性が美味しいレシピです。IMG_3035.JPG

関連記事