自家製ネギトロと山かけメカブ丼 -フライドガーリック風味-

IMG_5396.JPG

 

「マグロをアレンジしたい」「栄養たっぷりのご飯がいい」それなら自家製ネギトロと山かけメカブの丼ぶりを作ってみてはいかがでしょうか。お寿司屋さんでも定番のネギトロ。刺身用のマグロを使って自家製のものを作ってみてください。まずはマグロを好みの大きさに刻み、青ネギと白ネギを加えます。さらに焼き海苔や胡麻を加えれば、自家製ネギトロの出来上がり。これだけでもご飯によく合うので、ネギトロが好きな方は多めに作って冷凍ストックしておいてもよいでしょう。レシピのように丼ぶりのようにしてもいいですし、小鉢にネギトロと山芋を合わせ、醤油をかければ、お酒のおつまみにもピッタリ。日本酒や焼酎などとも相性がいいので、おすすめです。ネギトロ以外にも山芋やメカブも加えることで、ネバネバ食品をたっぷりと食べることができ、栄養もバッチリ。ぜひ試してみてください。

 

所要時間約10~15分※下準備を除く (2~3人分) (作りやすい分量)

 

【材料】

マグロ(刺身用) 240g

[A]

白ネギ(みじん切り) 1/4本分

青ネギ(小口切り) 小1/2束分

焼き海苔(炙ってちぎっておく) 全形1枚分

白いり胡麻 大さじ1.5~2強

塩 小さじ1/3強

長芋(皮をむいてすりおろす) 1/2~1/3本分

ニンニク(皮を剥いて横に薄切り) 1/2個分

メカブ(味の付いているもの) 小1パック分

胡麻油 1/5カップ弱

大葉 3枚分

醤油 適量

ご飯(温かいもの) 2~3杯分

米酢 適量

 

 《下準備》

・白ネギは洗ってから水気を拭き取り、包丁でみじん切りにして、ボウルに入れておく。

・青ネギは根を切り落とし、洗って水気をキッチンペーパーで拭き取り、包丁で小口切りにし、白ネギのみじん切りの入ったボウルと一緒に入れておく。

・長芋は皮をむいてから酢水を張ったボウルにさらし、水気をしっかり切ってからすりおろし器ですりおろし、小さなボウルに入れておく。

・焼き海苔は直火で炙ってから手で小さくちぎり、食べやすい大きさにもんでおく。

・白いり胡麻は好みでフライパンなどを使って炒っておくと香ばしく仕上がる。

・ご飯は丼ぶりによそっておく。

・ニンニクは皮を剥いて底を切り落とし、横に薄切りにしておく。芯もとっておく。

 

《作り方》

IMG_5376.JPG

1、マグロは包丁で細かく刻む。

《ポイント》

マグロは包丁で叩き、できるだけ細かくしてもかまわない。細かさは好みに合わせるとよい。

 IMG_5384.JPG

2、あらかじめボウルに入れておいた白ネギのみじん切り、青ネギの小口切りに1のマグロを入れて和える。

《ポイント》

青ネギはできるだけ細かめの小口切りにすること。

 

3、あぶってちぎって揉んでおいた焼き海苔、白いり胡麻、塩を加えて和える。

《ポイント》

加えるのは焼き海苔が望ましいが、味付け海苔や韓国海苔でも代用することができる。ただし、味付けの海苔にする場合、和えるときの塩を減らすか、仕上げにかける醤油の量を調整すること。

IMG_5391.JPG

4、小さめのフライパンに胡麻油、ニンニクの薄切りを入れて弱火にかけ、きつね色になるまで炒める。炒めたニンニクは取り出しておく。

《ポイント》

ニンニクは多めに用意し、たっぷりと盛り付けてもよい。ニンニクは焦げない程度にカリッとするまで火を入れると美味しく仕上がる。

IMG_5394.JPG

5、あらかじめよそっておいたご飯の上にマグロ、4のニンニクをのせる。次に長芋のすりおろし、メカブをのせ、熱した胡麻油をかけ、醤油をかける。

《ポイント》

長芋のすりおろし、メカブの量は好みに合わせて増減するとよい。醤油の量は好み合わせて増減し、食べながら調整してもよい。好みで仕上げにすり胡麻や山椒をかけてもよく合う。

 

《今回のレシピのポイント》

・普段とは違ったマグロを使った丼ぶりを作りたい方におすすめです。

・ご飯は酢飯にしてもよく合います。

関連記事